ライフ

登場から7年のオプジーボ がん治療「第4の選択肢」の地位を確立

オプジーボの登場でがんを取り巻く医療界の流れが大きく変わった(イメージ。写真=dpa/時事)

オプジーボの登場でがんを取り巻く医療界の流れが大きく変わった(イメージ。写真=dpa/時事)

 がん治療法は長年にわたって手術、抗がん剤、放射線の「3大療法」が標準とされてきたが、それが大きな変革の時を迎えている。新たな治療法の登場により、これまで3大療法では命が救えなかった症例に光が差している。

「免疫チェックポイント阻害薬」──この言葉に馴染みがなくとも、「オプジーボ」と聞けばわかる人は多いだろう。2014年に登場したこの「第4の治療法」によって、がんを取り巻く医療界の流れが大きく変わった。2018年には、同薬の開発に携わった本庶佑氏らにノーベル医学生理学賞が贈られた。

 登場から7年以上が経つオプジーボは、がん免疫療法の中で科学的に治療効果や安全性が証明された代表的な薬となり、日本だけでなく世界で「第4の選択肢」の地位を確立している。

 がん医療の流れを変えた新薬とはどんなものか。

「がん細胞は、体内の異物を排除する免疫の働きから“逃れる”ことで増殖します。がん細胞の逃避戦略の一つが、自らを攻撃しないよう免疫細胞に“ブレーキ”をかけること。本庶先生たちが開発した薬は、がん細胞が免疫にかけるブレーキ部分(チェックポイント)を邪魔して免疫細胞を正常に働かせることで、間接的にがん細胞を減らす仕組みです」(毎日新聞医療プレミア編集長で『がん治療の現在』の著書がある永山悦子氏)

 現在、日本で保険適用される免疫チェックポイント阻害薬はオプジーボのほか、キイトルーダなど6種類がある。抗がん剤はがんごとの特徴に合わせて開発されるが、

「抗がん剤とは異なり、免疫細胞の働きを助ける仕組みのため、がんの種類によって薬を使い分ける必要がなく、幅広いがんへの効果が期待されている」(永山氏)

 という。実際、メラノーマ(悪性黒色腫)から始まったオプジーボ適応のがんは、治療が困難な非小細胞肺がんや胃がんなど、現在は10種類まで増えた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト