国際情報

プーチンの狡猾な交渉手口 北方領土「引き分け」発言でも日本を翻弄

北方領土をめぐる交渉は目に見える進展がなかった(写真/EPA=時事)

北方領土をめぐる交渉は目に見える進展がない(写真/EPA=時事)

 ウクライナへの攻撃を続けるロシアのプーチン大統領。国際社会はロシアの武力行使を止められずに民間人の犠牲者も増え、ウクライナ国内の原子力発電所への攻撃・占領といった危機的な事態にも発展している。ロシア国内では戦争の真実を伝えないための情報統制も進んでいる。そうした事態を招いているロシアのプーチン大統領だが、その人物像が日本で正確に伝わっているとは言い難い。

 これまで、プーチン大統領をめぐっては、柔道や秋田犬を愛する“親日家”としての側面がフォーカスされがちだった。しかし、それは日本向けの都合のいいパフォーマンスだったとも考えられる。

 日本とロシアの間に横たわる最大の懸案が、北方領土問題だ。択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島は日本固有の領土だが、1945年8月9日、当時のソ連は日ソ中立条約を無視して対日参戦し、北方領土を不法占拠した。この北方四島の問題はソ連崩壊後も、日露間での懸案であり続けてきた。

 プーチン大統領はこの北方領土問題に関して、一部メディアとの会見のなかで「引き分け」という日本語を使ったことがある。自民党関係者が言う。

「大統領をいったん退任して首相となり、再び大統領となる直前の2012年3月、プーチン氏は会見の場で、領土問題について『何らかの勝利を目指すものではない。いわゆる(柔道の)引き分けみたいなものですね』と発言して話題となりました。柔道家として知られるプーチン氏がわざわざ『引き分け』と日本語で話したのです。その真意がどこにあるのか、専門家や外務省関係者の間でも注目の的となった。

『引き分け』というくらいだから、北方領土のうち2島が引き渡される方向性や、4島の面積を二等分して国後、色丹、歯舞諸島と択捉島の一部までが引き渡される“面積二等分”という方向性が、現実味のあるシナリオとして囁かれたこともありました。しかし、結果として今に至るまで北方領土をめぐる交渉は目に見える進展がなかった」

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン