芸能

【角川三人娘】角川春樹氏の薬師丸、原田、渡辺への「芸能人になるな」という教え

椎名桔平とはドラマの共演がきっかけで急接近

椎名桔平とはドラマの共演がきっかけで急接近(写真/女性セブン写真部)

 1980年代、日本映画界に彗星のごとく現れた薬師丸ひろ子(57才)、原田知世(54才)、渡辺典子(56才)。いまも第一線で活躍し続ける彼女たちの原点は、10代でヒロインを務めた『角川映画』にある。“角川三人娘”と呼ばれた彼女たちの才能を見出した編集者・映画監督・映画プロデューサーの角川春樹さんとが当時を振り返る──。【全4回の第4回】

3人そろって独立、そして、結婚

〈薬師丸は21才、原田は19才、渡辺は22才で角川春樹事務所から独立する〉

角川:私は常々、彼女たちには「芸能人になるな」と言っていました。私は映画界と芸能界は違うと思っているんです。歌も歌っていましたが、角川春樹事務所にいる以上は、歌手でもない。

 私は出版社の代表でもあったから、本業は本を作って売ることです。芸能事務所のように役者によって成立させているようにはなりたくなかった。

 だから彼女たちが独立するときも応援しましたし、独立後も何度か仕事をしています。薬師丸は、私が監督した『キャバレー』(1986年)にウエートレス役で出ていますが、助演でも光る演技をしていましたね。

遠藤:『Wの悲劇』ではそれまで主演ばかりだった三田佳子さん(80才)が脇に回り、存在感を示して、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲得しました。それが43才のとき。

 薬師丸さんは42才のとき、『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲りましたが、同じくらいの年齢での受賞は運命的なものを感じますね。

角川:1997年に私が監督をした『時をかける少女』では、知世にナレーションをしてもらっています。この試写会を見に来た薬師丸が私のところにつかつかと来て、「角川さん、今度、私を撮ってください」と言っていました。

 その言葉が2020年に私が監督した『みをつくし料理帖』での薬師丸と典子との共演につながるのです。

 3人三様の人生を歩んでいますが、そういえば3人とも離婚していますね。薬師丸のお相手はミュージシャン、知世はイラストレーター……。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン