芸能

小林麻耶の離婚 夫・國光吟氏の「魂では夫婦です」に「意味不明」の声多数

離婚を発表した國光氏と小林麻耶

離婚を発表した國光氏と小林麻耶

 フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が、自身のブログで夫・國光吟氏(38)のブログをリブログし、離婚したことを発表したことが話題を呼んでいる。

 國光氏のブログは3月10日15時29分に更新。〈句読点ありバージョンを書きました句読点があることで僕は逆に読みづらく感じるので句読点無しで書きたいと思います〉──といった書き出しから始まる約4380文字にわたる長文だ。その中で國光氏はこう綴っている。

〈僕と一緒にいると誹謗中傷がさらにひどくなるにも関わらず一緒に居続けてくれ離婚しようと言ってもしないといわれそれでも押し切って離婚をしました〉

〈確かに別居もしました確かに離婚もしましたでも弁護士を使い争うようなことはしていません離婚協議もしていません〉

 そして、こう続けた。

〈離婚はしましたが紙切れ上の話ですご存じのように僕と麻耶ちゃんは今でも仲良しです戸籍上は夫婦ではないかもしれませんですが魂では夫婦ですそれはお互いに共通の認識です〉

〈戸籍上夫婦をしてる方よりも夫婦だと思っています〉

 これに対し、掲示板やSNSでは「意味わからん」「意味がさっぱりわからない」とのコメントが多数寄せられている。離婚したことはわかるが、現状で一緒に住んでいるのか、仲良く過ごしているのか、はたまた“心”がつながっているということなのかは不明だ。

 小林麻耶と國光吟氏をめぐっては、昨年3月に別居を開始していたことが報じられたが、同年11月に再び同居していることが伝えられ、“復縁”かと見られていた。小林は最近、「幸せ数秘MAYA部長」名義でブログサービス「note」の中で月額550円の有料マガジンを開始。その中で、「Akira君の瞑想はおすすめです」と國光氏のSNSを紹介するなど、夫婦関係は良好なのかとも思われていた。

 小林がスピリチュアルな分野での活動を始めたのは、國光氏の影響が大きいと見るのが自然だろう。一方で彼女は、昨年12月に舞台に出演するなど、少しずつ芸能活動も再開させていた。今後、独身に戻った小林がどんな活動をしていくのか、注目される。

 形はどうあれ、2018年7月からはじまった結婚生活にはピリオドが打たれた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト