国際情報

不正選挙の声が噴出 韓国大統領選で露呈した「杜撰すぎる投票管理」

接戦を制した尹錫悦氏(Getty Images)

接戦を制した尹錫悦氏(Getty Images)

 韓国大統領選挙(3月9日投開票)は、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)候補を接戦で破り、第20代大統領に選出された。5年ぶりの政権交代に沸く韓国だが、一方で「不正選挙」を訴える声が噴出する異例の事態になっている。

「全国各地で杜撰な投票管理の実態が相次いで明るみに出ており、SNSでも“こんな選挙で民意が正しく反映できるのか”と不満の声が溢れているんです」(在韓ジャーナリスト)

 最初のミスは「期日前投票」で起きた。京畿道水原市の期日前投票会場で、すでに特定候補の名前の横に印の付いた投票用紙が有権者に配布されたことが判明したのだ。京畿道選挙管理委員会の関係者は「選挙スタッフが、記入済みの投票用紙を投票箱に入れたものと勘違いし、間違えて有権者に渡してしまった」と現地メディアに釈明した。

 その後、京畿道の別の投票所では、有権者1人に投票用紙が2枚渡されていたことが発覚。さらには期日前投票を済ませた有権者に、9日の本投票で再び投票用紙が交付される失態もあった。この有権者は本投票の投票所で身分証明書を提示したところ、投票所のスタッフから投票用紙を渡されたため自身が事前投票済みであることを伝えたという。この件では地域の選管委と警察が調査に乗り出している。

「忠清北道清州市の投票所では、共に民主党に所属する現職市議が投票立会人として加わっていた事実も判明しました。公職選挙法で現職議員は立会人になれないことが定められており、国民の力は『不正選挙の試みだ』と猛反発しました」(同前)

 そのほか、一部の投票所では、投票用紙を入れる封筒内に、すでに他者が記入済みの投票用紙が入っているなどのミスが続出し、再投票が行なわれたケースもあった。沸き上がる不正選挙議論に対しては、韓国有力紙の中央日報が社説で〈選管の無能と気の緩みが表れた惨事〉と断じたほどだ。別の在韓ジャーナリストが語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト