芸能

松田聖子「もう二度と離れたくない」 沙也加さんと一緒に入るためのお墓探し

四十九日法要以降、外出する機会も増えたという聖子

四十九日法要以降、外出する機会も増えたという聖子

 愛娘の死から3か月。悲しみに一区切りつけ、松田聖子(60才)は日常を取り戻しつつある。そのきっかけは異例の法要だった。納骨をしない、墓もない──しかし、それこそが母親ができる娘への最大の贖罪だった。

 昨年12月18日に亡くなった神田沙也加さん(享年35)の四十九日法要が1月30日、都内の某寺で営まれた。ここは、聖子が2012年に再々婚したA氏一族の菩提寺。遺骨は聖子が保管しており、法要後も納骨されずに持ち帰ったという。

 聖子と沙也加さんは、これまで何度も親子間の亀裂が報じられてきた。

「2人はかつて、一卵性親子と呼ばれるほど仲のいい親子でした。ですが、似ているがゆえに衝突も多かったのでしょう。沙也加さんの交際相手を巡っては、かなり激しい口論になったこともあります。

 沙也加さんにしてみれば、男性に関しては“好き勝手やっているママには言われたくない”という思いもあったようです。一時は弁護士を介さなければ“会話”が成立しないときもあったほどです。親子関係は最後まで改善されなかったといわれています」(芸能関係者)

 そんな沙也加さんの味方は、聖子の母で祖母にあたる一子さんだった。

「忙しい両親に代わって、一子さんは沙也加さんにとって母親代わりでした。聖子さんとの関係がよくないときも、一子さんは沙也加さんに寄り添っていたんです。でも2017年を境に、一子さんと沙也加さんの関係が悪くなってしまったんです」(沙也加さんの知人)

 2017年4月、沙也加さんは9才年上の村田充(44才)と結婚(2019年に離婚)。聖子と連絡を絶っていた沙也加さんは、一子さんには真っ先に結婚の報告をした。だがその反応は意外なものだった。

「祝福の言葉をもらえると思っていた沙也加さんですが、一子さんは結婚に難色を示した。孫のことはかわいいけれど、結婚となると“松田聖子の財産を継ぐ存在”になる。村田さんがいけない、ということではなく“もっと吟味してほしい”という思いが勝ったそうです。一方の沙也加さんは、家族が祝福してくれないことに落胆し、知人に“こんな家族はもう嫌だ”と漏らしていました」(沙也加さんの知人)

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン