芸能

松田聖子「もう二度と離れたくない」 沙也加さんと一緒に入るためのお墓探し

劇場をあとにする神田沙也加さん(2021年8月)

松田聖子は自宅で沙也加さんのお骨に向き合うこともあるという(写真は2021年8月の沙也加さん)

 以来、沙也加さんは母だけでなく祖母とも疎遠になったという。亀裂が入ったままの家族関係は修復されることなく、沙也加さんは旅立ってしまった。

「聖子さんは自宅で沙也加さんのお骨に向き合いながら、自問自答することも多いようです。一人娘に寂しい思いをさせ続けた自分を責めています。聖子さんは沙也加さんの入学式や卒業式、結婚式といった節目に立ち会ったことがありません。娘がどれほど孤独を感じていたのか。当時を振り返りながら胸を痛めています」(前出・芸能関係者)

 自分と向き合い娘の“これから”を考える日々──。

「聖子さんはたった1人の血を分けたわが子である沙也加さんと、もう二度と離れたくないという思いが強くなっているようです。いずれは沙也加さんと一緒に入るからと、いまはお墓探しをしていると聞いています。しばらくは自宅でお骨を安置し、母と娘が永遠に一緒にいられる“居場所”が見つかり次第、納骨されるのでしょう」(前出・芸能関係者)

 3月10日、聖子は還暦を迎え、17日後には沙也加さんの百箇日を控えている。古くから還暦には出直すという意味が込められ、百箇日は遺族が泣き悲しむことから卒業する日とされてきた。事実、聖子は前に進み始めている。3月7日、沙也加さんの訃報を受けて中止になっていたディナーショーが4月から再開されることが発表された。さらに同日からファンの手元に届き始めたファンクラブの会報誌からも、聖子の変化が見て取れる。

「ここ数年、聖子さんはメディアで沙也加さんに言及することは一切ありませんでした。でも今回届いた会報誌には、沙也加さんとの思い出や愛娘を亡くした悲しみなどが4ページにわたって掲載されています。そのなかに“これからは彼女の分まで歌っていきたい。彼女と一緒に歌っていきたい”という言葉もありました。聖子さんのなかで沙也加さんは生き続けているのかもしれませんね」(ファンクラブ会員の1人)

 沙也加さんの遺影は、ステージ衣装をまとった女性が、いまにも歌い出しそうに両手を広げているもの。その表情は多くのファンを魅了した、あの笑顔だった。聖子が一緒に歌いたい愛娘の姿なのだろう。悲しみを乗り越えて、聖子は沙也加さんと一緒に再出発を切っている。

※女性セブン2022年3月24日号

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン