国内

小室圭さん「体型変化写真」が示す「眞子さんとの倹約生活」の真相

ニューヨークを歩く小室圭さんと眞子さん夫妻

ニューヨークを歩く小室圭さんと眞子さん夫妻

「この5年で小室さんの生活水準は劇的に上がったのは事実です。でも、中身は変わっていません。彼は今も独特なポリシーを持ち続けているかたです」──小室圭さん(30才)の近況を知ったある皇室ジャーナリストは、小室さんのことをこう評した。

 2月22~23日に、2回目の米国ニューヨーク州の司法試験に挑戦したことで、久しぶりに近況が日本に伝わってきた小室さん。英国のタブロイド紙『デイリーメール』が、試験会場から出てきた場面を写真付きで報じると、合否の行方よりも、その容姿の激変ぶりが、大きな話題となった。

 ラフな長髪に胸毛が垣間見えるワイルドな開襟シャツ、そして「幸せ太り?」といわれるほどに、サイズアップした体型だった。

 前出の皇室ジャーナリストは、「小室さんは、もともとすごい倹約家なんです。眞子さんとの婚約前のパラリーガル(法律事務職員)時代は、毎日のように、お母様の佳代さんお手製のお弁当を持参。勉強場所は国会図書館で、休憩は高級ホテルのロビーなどと、無料スペースを上手に活用していました。日本の大学も米国留学もすべて彼の貯金と奨学金制度を上手に利用していたほどですから」と語る。

 また、2017年の婚約内定時には、『月たった2万円のふたりごはん』というレシピ本を購入していたことも、スポーツ紙で報じられていた。

「ほかにも、婚約内定が報じられた翌2017年5月17日の朝には、マスコミの取材攻勢を案じる宮内庁サイドから『タクシーで出社してほしい』と持ち掛けられても、『高額なタクシー代は出せません』と返答したほど、生粋の節約家でした」(前出・皇室ジャーナリスト)

 米国の食生活は日本と比べて高カロリーになりがちだと言われる。しかし、結婚前までの3年間のニューヨーク留学生活でも、体型が変化することはなかった。だからなのか、結婚後のこの3か月での小室さんの変化は、少々目に留まりやすかったのかもしれない。

「ちょこっとお腹が出てきたのは、受験勉強のストレスもあったのでしょうが、幸せな証拠でしょう。護衛もつけずにニューヨークの街並みを眞子さんと出歩く様子からも、本当にのびのびと自由で幸せな生活が出来ているんだと伝わってきます。お二人の自然な笑顔や仲の良さそうなやりとりが垣間見えると、やっぱりホッとするかたも多いのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 現地からの報道によると、小室さんはニューヨークでは、ウーバー(タクシー)を頻繁に利用しているとのこと。ある外務省関係者は、「ニューヨークは危険な地域もあるし、近年はアジア人が街で唐突に襲われる事件もたびたび報じられています。セキュリティーを考えると、地下鉄やバスよりも、やはりタクシーということになるのではないでしょうか」と話す。

 たしかに、2人が暮らすマンハッタン地区のヘルズキッチンは、マーベルのヒーロードラマ『デアデビル』の舞台でもあり、劇中では犯罪のるつぼのように描かれている。贅沢というよりも、余計なトラブルに遭わないための必要な手段なのかもしれない。

 また前出の皇室ジャーナリストは、「さすがに皇室出身の眞子さんとの新婚生活で、いきなり生活レベルを何ごとも我慢するまでに下げるわけにもいきません。月2万円の食費とはいわずに、ある程度の水準を保つ生活をされているはずです」と続けた。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン