ライフ

元国税調査官がガイドする「老後対策」 加給年金の申請忘れに注意

老後対策

正しく備えることが必要

「老後2000万円問題」が世間で大騒ぎになったのは2019年6月のこと。これは厚生労働省が想定したモデル夫婦の場合、公的年金だけでは毎月5万円の赤字となり、定年退職後30年生きると仮定すると夫婦で約2000万円が不足するといったものだった。

 あれから2年半。その間、新型コロナ問題などですっかり忘れられた感があるが、問題が解決したわけではない。それどころか、2021年には“年金カット法”も施行され、デフレ下でも現役世代の実質賃金が下がった場合、年金も減らされる。実際、2022年4月からは0.4%減らされ、夫婦二人で21万9593円となる。年金支給額の引き下げは2年連続だ。さらに4月からは「年金制度改正法」が施行され、これまでのルールが大幅に変わる。老後破綻を防ぐためにはどうすればいいのか。『コミック版 やってはいけない老後対策』(小学館刊)の著者である元国税調査官の大村大次郎氏に話を聞いた。

 * * *
――「老後2000万円問題」はインパクトあった。現在は多少なりとも改善されているのか。

大村:2020年の総務相統計局のデータによれば、夫婦二人のモデル世帯では、税金や社会保険料などの非消費支出を合わせて、1か月に必要な最低予想生活費は約25万5550円という結果が出ています。一方、公的年金は2022年4月からは前年より0.4%減の21万9593円です。つまり毎月3万5000円ほどが足りない計算です。老後を30年とすると約1260万円が足りないという結論になります。

 ただ、生命保険文化センターの調査ではゆとりある生活には36万1000円が必要という結果が出ています。老後ゆとりある生活を送ろうとするならば毎月14万円足りません。そうすると30年間で5040万円必要ということになります。

 もちろん、これはあくまでモデル世帯です。男性は20歳から60歳まで働き、女性は専業主婦という設定ですが、現実には即していません。女性の高学歴化が進み、共働きが普通なので、実際にはもう少し楽だと思います。それでも金融広報委員会の2020年の世論調査によれば、60歳代の夫婦二人以上世帯の金融資産保有額の中央値は875万に過ぎません。現役時代から老後対策は行っておかねばならない人が多数ではないでしょうか。

――退職金でカバーはできないのか。

大村:1990年代後半に比べて、1000万円ほど退職金は下がっています。そもそも、退職金は企業の義務ではありませんし、廃止する企業も増えています。それでも退職金が出る場合はもらい方に気をつけたいものです。退職金は大卒22歳で就職して、60歳で退職した場合、38年間働いたことになります。控除額は2060万円なので、退職金がそれ以内ならば、税金は1円もかかりません。税金面から見た場合、一括でもらった方が得になります。

――それでもゆとりある生活を求めるならば、再雇用・再就職が必須だ。しかし、現役時代に比べてかなり月収は下がる人がほとんどだ。

大村:給料が定年前に比べて激減した場合、「高年齢雇用継続基本給付金」という制度があり、最大で15%が補填されます。たとえば、退職時の月収が40万円で再雇用の給料が20万円だった場合、20万円×15%=3万円が20万円に加えて支給されます。この3万円に税金はかかりません。

――退職日によって、有利・不利があると聞いた。

大村:仮に65歳で退職する場合は、年齢計算に関する法律というものがあり、誕生日の前日が65歳になります。64歳で退職すると、雇用保険が5か月分もらえます。つまり、65歳の誕生日の2日前に辞めれば、多いと100万円近くもらえる可能性があるのです。待機期間が3か月ありますが、それでも100万円は大きいです。公的年金受給を8か月遅らせることができます。1か月遅らせるごとに0.7%受給額が増えますから8か月遅らせると、年間で5.6%年金額が増えます。今どき年間5.6%増やせるのはとてもオイシイといえます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン