国際情報

北方領土の元島民ら ロシアのウクライナ侵攻に「本当に断腸の思い」

ウクライナを侵攻するロシア軍(EyePress via AFP)

ウクライナを侵攻するロシア軍(EyePress via AFP)

 ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領は、北方領土を事実上の経済特区に指定し、さらにミサイル発射訓練をするなど、日本固有の領土である北方領土での活動を活発化させている。そうした状況に対して胸を痛めているのが、他ならぬ北方領土の元島民たちだ。元島民6人に話を聞くと、ロシアのウクライナ侵攻により、故郷に帰る日がさらに遠のいたことへの深い嘆きが聞かれた。【前後編の後編。前編から読む】

 終戦時、北方領土には3124世帯、1万7291人の島民が暮らしていた。現在、ほぼ同数である約1万7000人のロシア人が択捉島、国後島、色丹島に暮らす。歯舞群島に居住するのは警備隊のみで、一般住民は住んでいない。

 戦後の日本では北方領土返還運動が広がり、1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡すことが盛り込まれた。

 ビザがなくても元島民やその子孫などが北方領土を訪問できる「北方四島交流事業」も始まった。現在、交流事業には「北方墓参」「ビザなし交流」「自由訪問」の3つがあり、これまでのべ3万5000人が参加し、現地のロシア人と交流した。

 ソ連がロシアに変わっても、元島民たちは必ず島に戻れると信じて返還運動を続けている。

自由訪問で国後島ハッチャスに上陸する元島民ら(2019年)

自由訪問で国後島ハッチャスに上陸する元島民ら(2019年)

「年齢を重ねるほど、島に戻りたいという気持ちが強まっています」──そう故郷への思いを語るのは、国後島出身の古林貞夫さん(83)だ。

「私の生まれ育った地域はロシア警備隊の本拠地で、交流事業で国後島を訪問しても生家の周辺に足を踏み入れることができません。小さい時に生まれ育った自分の家のかたちや周りの景色は目に焼きついているのに、もう75年も訪れることができていない。島がどう変化しているのか、この目で見ることだけを念願しています」(古林さん)

 択捉島出身の鈴木咲子さん(83)は「その日」が来ることを信じて、70歳を過ぎてからロシア語の勉強を始めた。

「一度だけ飛行墓参をした際、島を空から見て帰ってくるだけなのに、窓の外に故郷が近づいてくるとワクワクしたものです。私は生きているうちに自由に行き来ができるようになれば、向こうでロシアの人たちと一緒に住んでもいいと思いました。幼い頃の占領時に2年間、耳から覚えたロシア語で生活していたわけだし、言葉を覚えておいて損はないとロシア語を習い始めたんです」(鈴木さん)

自由訪問で択捉島入里節を行く元島民ら(2018年撮影)

自由訪問で択捉島入里節を行く(2018年)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン