国際情報

北方領土の元島民ら ロシアのウクライナ侵攻に「本当に断腸の思い」

ウクライナを侵攻するロシア軍(EyePress via AFP)

ウクライナを侵攻するロシア軍(EyePress via AFP)

 ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領は、北方領土を事実上の経済特区に指定し、さらにミサイル発射訓練をするなど、日本固有の領土である北方領土での活動を活発化させている。そうした状況に対して胸を痛めているのが、他ならぬ北方領土の元島民たちだ。元島民6人に話を聞くと、ロシアのウクライナ侵攻により、故郷に帰る日がさらに遠のいたことへの深い嘆きが聞かれた。【前後編の後編。前編から読む】

 終戦時、北方領土には3124世帯、1万7291人の島民が暮らしていた。現在、ほぼ同数である約1万7000人のロシア人が択捉島、国後島、色丹島に暮らす。歯舞群島に居住するのは警備隊のみで、一般住民は住んでいない。

 戦後の日本では北方領土返還運動が広がり、1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡すことが盛り込まれた。

 ビザがなくても元島民やその子孫などが北方領土を訪問できる「北方四島交流事業」も始まった。現在、交流事業には「北方墓参」「ビザなし交流」「自由訪問」の3つがあり、これまでのべ3万5000人が参加し、現地のロシア人と交流した。

 ソ連がロシアに変わっても、元島民たちは必ず島に戻れると信じて返還運動を続けている。

自由訪問で国後島ハッチャスに上陸する元島民ら(2019年)

自由訪問で国後島ハッチャスに上陸する元島民ら(2019年)

「年齢を重ねるほど、島に戻りたいという気持ちが強まっています」──そう故郷への思いを語るのは、国後島出身の古林貞夫さん(83)だ。

「私の生まれ育った地域はロシア警備隊の本拠地で、交流事業で国後島を訪問しても生家の周辺に足を踏み入れることができません。小さい時に生まれ育った自分の家のかたちや周りの景色は目に焼きついているのに、もう75年も訪れることができていない。島がどう変化しているのか、この目で見ることだけを念願しています」(古林さん)

 択捉島出身の鈴木咲子さん(83)は「その日」が来ることを信じて、70歳を過ぎてからロシア語の勉強を始めた。

「一度だけ飛行墓参をした際、島を空から見て帰ってくるだけなのに、窓の外に故郷が近づいてくるとワクワクしたものです。私は生きているうちに自由に行き来ができるようになれば、向こうでロシアの人たちと一緒に住んでもいいと思いました。幼い頃の占領時に2年間、耳から覚えたロシア語で生活していたわけだし、言葉を覚えておいて損はないとロシア語を習い始めたんです」(鈴木さん)

自由訪問で択捉島入里節を行く元島民ら(2018年撮影)

自由訪問で択捉島入里節を行く(2018年)

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト