国内

裁判で「みんな葬儀社からワイロ」証言の衝撃 神奈川県警の特殊体質

被告が“もらっていたもの”が波紋を広げている(写真は神奈川県警察本部。時事通信フォト)

被告が“もらっていたもの”が波紋を広げている(写真は神奈川県警察本部。時事通信フォト)

 遺体搬送業務を巡る汚職事件で受託収賄の罪に問われていた神奈川県警の元警部補・加藤聖被告(49)の判決が3月15日に横浜地裁で行なわれ、懲役2年6か月の求刑に対して懲役2年6か月・執行猶予4年の有罪判決が言い渡された。公判を通じて、神奈川県警の組織体質や慣習の問題が浮き彫りになった一面もあり、信頼回復のための取り組みが急務となりそうだ。

 加藤被告は警察が扱う遺体を特定の葬儀会社にあっせんした見返りとして、現金127万円と68万5000円分のQUOカードを受け取っていたとされる。公判では「神奈川県警内のすべての警察署で葬儀会社からビール券などの金券提供があった」と証言し、検察側は「警察官の職務に対する社会の信頼を失墜させた」と指摘するなど、その発言が大きな注目を集めてきた。

 事件に巻き込まれたり、何らかの理由で発見された遺体を警察官が自分の利益のために利用しているとすれば、あってはならないことだ。加藤被告の供述通りのことが常態化しているのだろうか。元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏によれば、神奈川県警と葬儀社には“特殊な関係”があったという。

「死因不明の遺体が上がると、刑事は現場に駆けつけて現場検証をしたうえで死因を特定するために監察医がいる病院か警察署の霊安室まで搬送します。警視庁や他の県警では通常、搬送車両を所有しているのですが、なぜか神奈川県警には車両がありません。そのため、1つの署につき年間200体以上は上がる変死体を搬送するのにその都度、葬儀社に頼らざるを得ない事情がある。加藤被告の現金と商品券合わせて約200万円を受け取るというのはあまりに極端なケースですが、葬儀社と警察官が近づきすぎる懸念のある環境があったのはたしかでしょう」

 医師が看取った場合などを除き、事件性があるかないかに関係なくほぼすべての遺体は変死体として扱われる。厚生労働省の死因究明等推進本部事務局作成の資料によると、令和元年の神奈川県警の死体取扱数は約1万2300体。全54署ある神奈川県警で、1つの署につき年間200以上の変死体を扱う計算になる。搬送車両のない神奈川県警では、その度に担当刑事が葬儀社を呼ぶため、それだけ関係性は深くなるというのだ。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト