ライフ

【書評】『最後のライオニ』階級ではなく個の到来を黙示録的に描く世界像

『最後のライオニ 韓国 パンデミックSF小説集』著/キム・チョヨプ、デュナ、チョン・ソヨン、キム・イファン、ペ・ミョンフン、イ・ジョンサン

『最後のライオニ 韓国 パンデミックSF小説集』著/キム・チョヨプ、デュナ、チョン・ソヨン、キム・イファン、ペ・ミョンフン、イ・ジョンサン

【書評】『最後のライオニ 韓国 パンデミックSF小説集』/キム・チョヨプ、デュナ、チョン・ソヨン、キム・イファン、ペ・ミョンフン、イ・ジョンサン・著 斎藤真理子、清水博之、古川綾子・訳/河出書房新社/2145円
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 韓国の表現が領域を超えて強烈なまでに特徴的なのは「階級」の主題化である。例えばチョ・セヒの小説「こびとが打ち上げた小さなボール」の「こびと」やポン・ジュノの映画「パラサイト」の「半地下」と言ったモチーフはマジックリアリズム的な寓話と一瞬錯覚させられるが、「階級」のリアリズムがそれを曖昧化することに慣れきったこの国の私たちにそう感じられないだけの話で、要は私たちの怠惰の問題なのである。

 しかしそれにしてもゾンビアニメでさえ、という言い方は別に見下して言うのではなく、ゾンビ映画はその国ごとの社会不安の根底を徹底して鮮明化する領域で、だから北米のゾンビ映画は、結局は閉塞したコミュニティ間の「自衛」の問題に収斂する。韓国であればヨン・サンホの「ソウル・ステーションパンデミック」がホームレスの感染、つまり階級問題から始めたのは当然だった。

 コロナ禍の韓国SF作家のアンソロジーと聞いた時も、当然だがコロナ下の「階級」が描かれるのかと思った。コロナは最初から「弱者」を選ぶ傾向があるからだ。

 だが、意外にも「階級」は殆ど主題とされていない。主人公らに何らかの脆弱性が文化人類学者的な負の記号のように付されているが、鮮明となるのはむしろ「個」だ。当り前だがパンデミックは「社会」そのものを消滅させる。

 その時、問題解決にはならないが「階級」の根拠としての「社会」は消滅する。登場人物は他者との繋がりめいたものを求めないではないが、パンデミック下、人が求めるものは同じなのだという本書の感想を目にもしたが、そうなのか。

 韓国ゾンビものがディストピア社会を鮮明化したのに対し、韓国パンデミックSF小説が「社会」の消滅を持ってようやく「個」の到来を描くことと、最初から社会を書かない国とでは、至る筋道は全く異なる。日本であれば「絆」や「繋ぐ」といった陳腐な単語に収斂させてしまうだろう主題をどこか、黙示録的に描く世界像はSFだからではなく韓国故だ、と感じる。

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン