芸能

亀梨和也が“逃げる男”を好演! 逃走劇『正体』から目が離せないワケ

大倉忠義の交際報道にジャニーズファンたちは祝福ムード

亀梨和也が主演するドラマ『正体』が話題に

 3月12日にスタートしたWOWOWドラマW『正体』に主演している亀梨和也(36才)。事件を起こして死刑判決を受けながら、移送中に脱獄して“逃げる男“を好演している。コラムニストのペリー荻野さんがその見どころについて独自の視点で解説する。

 * * *
『正体』が初回から飛ばしている。主人公の鏑木慶一(亀梨和也)は、ある夫婦の殺人事件の現場で逮捕され、死刑宣告を受ける。

 移送中に脱獄した鏑木は、姿と名前を変えて逃走しながら、潜伏した先で出会った人たちの危機を救うことになる。救われた人々は、彼が指名手配中の死刑囚と知っても「本当に殺人犯なのか?」と疑問を抱くのだった。原作は染井為人の小説。1話2話の演出は亀梨主演の「事故物件 怖い間取り」の中田秀夫監督である。

 第1話では、鏑木は「遠藤」と名乗って、土木作業現場で働いている。労働環境は劣悪だが、ワケアリの労働者たちも多く、改善はされない。だが、遠藤は、同僚の野々村和也(市原隼人)と少しずつ動き出し、信頼関係を築く。二話以降も鏑木は冤罪に巻き込まれた弁護士(上川隆也)やオレオレ詐欺の被害にあった主婦(高畑淳子)らに関わることになる。

 鏑木の事件の唯一の目撃者である夫婦の母親(黒木瞳)は若年性の認知症で事件のトラウマを抱える。出会うのは、一筋縄ではいかない事情の人ばかり。鏑木は問題を起こすのではなく、問題が向こうからやってくるのである。
 
 鏑木は次々外見を変化させていく。一話の遠藤は、長く伸びた髪とメガネ、帽子を深くかぶっておどおどとした男で、護送の目を盗み、猛ダッシュで脱走した鏑木とはまるで別人のようで驚いたが、今後、鏑木は金髪青年や眼帯をした姿で出てくる。

 ここ数年、亀梨は『ストロベリーナイト・サーガ』の菊田刑事をはじめ、『レッドアイズ 監視捜査班』の特別捜査官、『正義の天秤』の変わり者弁護士など、事件を追う側だった。追われる側になって、どんな男になるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト