芸能

医師役で映画初出演の花田優一 演技の自己採点は「30点くらいです」

映画『残照のかなたに』で演技に初挑戦した花田優一氏

映画『残照のかなたに』で演技に初挑戦した花田優一氏

 元横綱・貴乃花(花田光司氏)の長男で靴職人・タレントの花田優一氏が310日、都内で行なわれた短編映画『残照のかなたに』の完成披露上映・会見に登場した。同作の舞台は信州・上田の病院余命いくばくもない老作家(林与一)と新人の女性看護師(岩瀬あんな)の交流を描いた物語で、優一氏は物語のカギを握る老作家の主治医役を演じている。 

 優一氏の「俳優業」挑戦という話題性に加えて、同作の監督を務めるのは母・河野景子さんの再婚相手として婚約中のジャッキー・ウー氏。近い将来に義理の親子となるであろう2人の共演とあって会見は大盛り上がり。 

  優一氏は自身の演技について「(現場に)『ご迷惑をおかけしないように』という大前提の上で、せっかく出していただけるのであれば『食って掛かろうかな?』と思ったのですが、良くも悪くもいっぱい勉強させていただき楽しかったです」と控えめに振り返ったが、ジャッキー・ウー監督は「素人じゃない」と絶賛。 

 「靴職人は辞めたほうがいいと思います」「さすが血だなという気がしました。日本一の血」というラブコールにはさすがに苦笑いだったが、優一氏も充実した表情を見せていた様々な分野に挑戦する優一氏には世間から賛否あるが、改めて自身の演技についての手応えを聞いてみた。 

 「完成披露上映の時に僕も初めて作品を観たのですが、正直まったく納得はいっていません。自己採点は『30点』くらいですね。試写で作品を観てから自分の演技の改善点ばかりが頭をよぎっています。ただ、逆にこの30点分は思い通りに演じられた部分についての点数ですね」(優一氏) 

  ジャッキー監督から「靴職人をやめて俳優に専念したほうがいい」というアドバイスがあったが、その提案についてはどう考えているのか。 

 「ありがたいお言葉ですし、イジっていただいてありがたいです(笑)。ただ、あくまで僕の軸は靴職人です。それはブレないようにしながら色々なことにチャレンジしていきたいと思います!」優一氏) 

  今後、誰か「目標」としている役者はいるのか。 

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン