スポーツ

原英莉花、「ミズノ」とのクラブ契約解消で“フリー転身”を選んだワケ

アスリートの場合はフリー転身がどう影響する?(写真は原英莉花/Getty Images)

アスリートの場合はフリー転身がどう影響する?(写真は原英莉花/Getty Images)

 ここ数年、キー局の人気女性アナウンサーが退社してフリーになるケースが増えたが、女子ゴルフ界でも大物の“フリー転身”が注目されている。

 ダイナミックなスイングで人気のゴルファー・原英莉花(23)だ。女性アナはテレビ局を退社すれば他局に出演できるが、アスリートの場合は少々複雑になる。

 一般にプロゴルファーは所属する企業とは別に、特定のメーカーと使用するクラブの契約をしていることが多い。原も所属先は日本通運でクラブは長らく「ミズノ」と契約しており、ウェッジとパター以外はミズノを使用していた。だが、今季からそのクラブ契約を解消したのだ。プロゴルファーの沼沢聖一氏が解説する。

「原プロの実績があれば、デメリットは少ないと思います。ツアーを転戦していれば、他のプロが使うクラブを『使ってみたい』と思うのは当然です。メーカーと契約すると充実したサポートを受けられますが、『新製品を使ってほしい』と言われてそれが合わずに成績を落とすこともある。契約金は受け取っていたと思いますが、お金よりも成績を追い求めたのでしょう」

 女子プロきっての“飛ばし屋”として知られる原は、早速ドライバーを米国の「キャロウェイ」に変更。試合に出場する際に着用していたキャップもミズノからアパレルブランドの「パーリーゲイツ」になった。

 この変化に「つらいですよ……」とこぼすのは、ミズノ関係者だ。

「クラブやグッズは契約している有名プロが優勝すると売れ行きにも大きく影響します。特にドライバー。原プロもそうですがクラブ契約とキャップの使用がワンセットになっているケースが多い。目につきやすいキャップのロゴがメーカーとして大きなアピールになっていた面があるので、人気選手が離れるのは痛い」

 メーカーと契約すれば、試合会場で細かなメンテナンスや調整などのサポートも受けられる。フリーを選べるのは“実力者の証”とも言える。

 女子プロ界では、原と同じ黄金世代の高橋彩華(23)もフリーに。昨季の賞金女王・稲見萌寧(22)も「今よりも100%良くないと変えない」と語るほどこだわりを持っており、クラブ契約フリーを貫いている。

 より高いレベルを求めて今後も「フリー転身」が加速するかもしれない。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン