国際情報

天安門事件で米国に亡命した中国人弁護士が中国人留学生に刺殺される

事件を起こした中国人留学生は精神的に不安定な状態だったという

事件を起こした中国人留学生は精神的に不安定な状態だったという

 1989年6月の天安門事件当時の著名な民主化運動指導者で、事件後、米国に亡命し、ニューヨークで弁護士として活動していた李進進氏(66)が3月14日、弁護士事務所で中国人女性の留学生に腹部を刺され殺害される事件が起こった。この女性は精神的に不安定な状態だったとの証言もあり、李氏との間でトラブルが発生していたとみられている。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 この中国人女性は張暁寧と名乗っており、年齢は25歳で、昨年7月、留学生としてニューヨークに到着。「北京で(中国人)警官に強姦された」などと訴え、ニューヨークの中国総領事館や国連本部を訪れては陳情を繰り返していたという。

 女性はニューヨーク市内の李氏の弁護士事務所を何回も訪れており、米国籍の取得などについて相談していた。しかし、時々激高して大声を出すなどしたため、李氏は彼女を避けていたようだ。

 事件が起こった3日前の11日にも、この女性は李氏に大声を出して泣きわめき、暴力を振るおうとしていたことから、李氏の秘書が警察に通報し、女性は事務所から追い出されるというトラブルがあった。

 その際、李氏は警察に対して、「この女性はまだ若いので、逮捕しないでほしい」などと穏便に済ますよう頼んでいたという。

 ところが、女性は14日正午ごろ、再び、事務所を訪れ、李氏と会うと、いきなりナイフを取り出して、李氏の腹部を数回めった刺しにした。李氏は救急車で病院に運ばれたが、すでに絶命していた。

 李氏は1955年生まれで、北京大学の博士課程に在籍中に中国の民主化運動に身を投じ、1989年の天安門事件後、警察に逮捕され服役、釈放後、米国に亡命。ウィスコンシン大学で法学の博士課程を修了。その後、ニューヨークの弁護士事務所で働いていた。

 その傍ら、李氏はやはり天安門事件後、米国に渡り、ハーバード大学で博士課程を修了し、いまも民主化運動団体を主宰している王丹氏らと連携して、米国で中国民主化団体のリーダーとして活躍していた。

 李氏の悲報を聞いた王丹氏らは「事件は筆舌に尽くしがたいもので、李氏には落ち度はない。人間の本性はどうしてこんなに邪悪なのか。説明のしようもない」などと語っているという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン