芸能

TBS良原安美アナ『サンジャポ』起用 局内で不安視される数年後のフリー転身

2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)

2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ局では4月の番組改編に伴って、人気番組の「アナウンサー人事」にも動きが見られた。3月13日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、アシスタントの山本里菜アナ(27)が3月いっぱいで番組を卒業することが発表された。その後任となる「第8代アシスタント」に抜擢されたのが、良原安美アナ(26)だ。

 2018年入社の良原アナは今年で5年目。同期で朝の情報番組『ラヴィット!』に抜擢された田村真子アナ(26)らと比べるとやや“遅咲き”な感があるが、どのような人物なのか。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「良原アナは学生時代に『ミス立教コンテスト』でグランプリ、『news zero』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めた“超エリート”です。容姿がカトパンに似ていると注目されていましたが、入社後のキャリアは意外にも『Nスタ』など報道番組中心でした。

 ただこの経験はプラスに働いて、現在はしっかりした番組の取り回しに定評がある。『サンジャポ』MCの爆笑問題とはラジオ番組をやっていて“アミーゴ”と呼ばれるなど関係も良好です。最近は『水曜日のダウンタウン』に出演した際に、モデル顔負けの長身(171cm)にタイトなニット姿が“スタイル抜群”とネット上を騒がせた」

『サンジャポ』のアシスタントといえばこれまで青木裕子(39)や田中みな実(35)、吉田明世(33)など、後にTBSを退社しフリーに転身した同局のアイドルアナが歴代務めてきた。卒業する山本アナも、番組内で週刊誌に交際相手と写真を撮られたことをたびたびイジられて知名度を上げた。

 だが、その注目度の高さゆえ局内ではすでに数年後を不安視する声が上がっているという。

「青木や田中みな実だけでなくアナウンス力・人柄ともに局内で高い評価を得ていた竹内香苗アナ(43)も退社するなど、とにかく辞めてしまった人が多い。歴代で社内に残っているのは山本と初代アシスタントの小倉弘子アナ(47)だけです。『あっと言う間に人気になってフリーになっちゃうんじゃないの』と気の早い心配を口にする社員もいましたよ」(TBS社員)

 知名度が“ジャポン”全土に広まる日は近いか。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン