芸能

TBS良原安美アナ『サンジャポ』起用 局内で不安視される数年後のフリー転身

2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)

2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ局では4月の番組改編に伴って、人気番組の「アナウンサー人事」にも動きが見られた。3月13日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、アシスタントの山本里菜アナ(27)が3月いっぱいで番組を卒業することが発表された。その後任となる「第8代アシスタント」に抜擢されたのが、良原安美アナ(26)だ。

 2018年入社の良原アナは今年で5年目。同期で朝の情報番組『ラヴィット!』に抜擢された田村真子アナ(26)らと比べるとやや“遅咲き”な感があるが、どのような人物なのか。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「良原アナは学生時代に『ミス立教コンテスト』でグランプリ、『news zero』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めた“超エリート”です。容姿がカトパンに似ていると注目されていましたが、入社後のキャリアは意外にも『Nスタ』など報道番組中心でした。

 ただこの経験はプラスに働いて、現在はしっかりした番組の取り回しに定評がある。『サンジャポ』MCの爆笑問題とはラジオ番組をやっていて“アミーゴ”と呼ばれるなど関係も良好です。最近は『水曜日のダウンタウン』に出演した際に、モデル顔負けの長身(171cm)にタイトなニット姿が“スタイル抜群”とネット上を騒がせた」

『サンジャポ』のアシスタントといえばこれまで青木裕子(39)や田中みな実(35)、吉田明世(33)など、後にTBSを退社しフリーに転身した同局のアイドルアナが歴代務めてきた。卒業する山本アナも、番組内で週刊誌に交際相手と写真を撮られたことをたびたびイジられて知名度を上げた。

 だが、その注目度の高さゆえ局内ではすでに数年後を不安視する声が上がっているという。

「青木や田中みな実だけでなくアナウンス力・人柄ともに局内で高い評価を得ていた竹内香苗アナ(43)も退社するなど、とにかく辞めてしまった人が多い。歴代で社内に残っているのは山本と初代アシスタントの小倉弘子アナ(47)だけです。『あっと言う間に人気になってフリーになっちゃうんじゃないの』と気の早い心配を口にする社員もいましたよ」(TBS社員)

 知名度が“ジャポン”全土に広まる日は近いか。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン