ライフ

国内で感染者数が急増する「梅毒」 口に病変があればキスでも感染

「梅毒」への対処法は?

「梅毒」への対処法は?

 今もその対応に悩まされている新型コロナウイルスだけでなく、人類は感染症とともに生きてゆかねばならない。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、国内で感染者数が急増している「梅毒」について、さらに解説する。

 * * *
 感染症対策の岡田晴恵です。今週は性感染症の「梅毒」を取り上げます。

 梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌による性感染症で、感染者の皮膚や粘膜と直接接触することで感染します。性風俗と強く関わっていたことから、昔は「花柳病」とも呼ばれ“感染すると廃人になる”と恐れられました。

 このように梅毒は、昔の病気というイメージがありますが、この数年、国内で感染者数が急増。「他人事ではない」要注意の感染症となっています。

 日本人の秦佐八郎博士によるドイツ留学時代(1910年)のサルバルサン開発という歴史に残る偉業や、ペニシリンの抗生物質の発見で、梅毒は適切に治療すれば治る病となり、患者は激減しました。

 しかし、感染者が減ればその病気の怖さも忘れさられます。近年の日本では、感染者が男女問わず、さまざまな世代層で増えています。自分と大切な人を守るためにも、知っておきたい感染症の筆頭格でしょう。

 梅毒は慢性感染症で、早期発見(検査)、早期治療開始がポイントです。抗菌剤で完治しますが、治療を中断したり放置したりすると、脳や心臓に重篤な合併症が起こり、死に至ることもあります。

 また、症状が多彩で、無症状の期間もあるため「治った!」と勘違いする人もいますが、その間も体内で病原体が増え続けるため、この無症候性の感染者からも感染します。本人も感染を気づかず、知らずに感染を拡げやすく、治療が遅れることで重症化や治療の長期化に繋がることもあります。恐ろしい感染症ですね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン