芸能

くすぶる吉本芸人を救った「有吉再生工場」が取っ払う“事務所の壁”

自らも浮き沈みを経験してきたからこそ

自らも浮き沈みを経験してきたからこそ

  有吉弘行がMCを務める『有吉の壁』(日本テレビ系)からブレイク、あるいは再ブレイクを果たした芸人は多い。チョコレートプラネット、シソンヌ、とにかく明るい安村、もう中学生、パンサーらが代表格だが、彼らには共通点がある。いずれも吉本興業の東京本社に所属し、しかもNSC(吉本総合芸能学院)東京校の出身なのだ。それは偶然ではないと、吉本の関係者が語る。

「『有吉の壁』はくすぶっている東京の吉本芸人にチャンスを与えてくれていて、吉本芸人の間では『有吉再生工場』と呼ばれるほどの影響力があります。

 そもそも吉本では、1期生のダウンタウンから連なる大阪NSC出身の漫才コンビこそが保守本流です。近年では、大阪ローカルで地力をつけながら、M-1で名を上げ、東京に進出しひな壇からMCへとステップアップしていくという方程式が出来ていた。麒麟、フットボールアワー、千鳥、かまいたちまで、みなその系譜です。

 それに対して、東京NSCの出身者は、漫才師よりもコント師のほうが多い。彼らはそれぞれ個性的で実力もありますが、ひな壇における団体芸などが苦手なため、吉本が制作に絡むタイプのバラエティにはなかなかハマりづらい。コント師として高い評価を得ながらブレイクしきれなかったチョコプラ、シソンヌ、一発屋としてブーム収束後は再浮上のきっかけがなかった安村、もう中、みんなそうです。それが、『有吉の壁』というミニコント形式の番組で、思う存分、真価が発揮され、ブレイクにいたりました」

 なかでも「『有吉の壁』に救われた」と関係者が口を揃えるのが、パンサーである。売れっ子の印象が強い彼らだが、意外にも一時期は追い込まれていたという。

「パンサーは尾形(貴弘)さんが天然熱血キャラとしてバラエティに呼ばれていたものの、トリオとしてはハナコ、四千頭身といった第7世代に押され気味でしたし、吉本のなかでも、霜降り明星、ミキ、EXITがプッシュされており、微妙な立場でした。

 それが、2020年4月に『有吉の壁』がレギュラー化されると、それまで目立たなかった菅(良太郎)さんのネタ作りのセンスが高く評価されるようになりました。また優等生キャラだった向井(慧)さんの弱点が大喜利であることに有吉さんが目をつけ、いじることで親近感を持たれるようになったことも大きい。トリオとしてもバランスが良くなりました。

 菅・向井の2人がチョコプラと組んだ番組初のユニットの鼻詰まりバンド(美炎-BIEN-)がCDデビューしたり、4月からは向井さんのラジオ番組が始まるなど快進撃が続いています。パンサーの3人は『有吉さんのおかげ』と公言していますが、実際、いくら感謝してもしきれないでしょう」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

松本潤「大河」後に待ち受ける嵐の最終決戦「冬の陣」 結成25周年を前に水面下で繰り広げられる攻防戦
松本潤「大河」後に待ち受ける嵐の最終決戦「冬の陣」 結成25周年を前に水面下で繰り広げられる攻防戦
女性セブン
平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太 ハワイでお揃いジュエリー購入の“願掛け”、ハワイ事務所設立の動きも
平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太 ハワイでお揃いジュエリー購入の“願掛け”、ハワイ事務所設立の動きも
女性セブン
注目の女性芸人・あぁ〜しらきさん
《男かな?女かな?でブレイク》「あぁ~しらき」貝殻ビキニのキャラ「いつテレビでできなくなるのか」の苦悩と「ネタが生まれた瞬間」
NEWSポストセブン
小室圭さん眞子さんの元へ、佳代さん(右)が…
小室圭さん・眞子さん夫妻が豪邸にまもなく引っ越し 母・佳代さんは3年越し渡米へ向けて準備か
女性セブン
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
女性セブン
「りりちゃん」こと渡辺真衣被告
【衝撃の法廷レポ】頂き女子りりちゃん「5000万以上いただいてるおぢ」との証拠LINEと4000万円貢いだホストの意外な現在
NEWSポストセブン
息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生の相葉雅紀
相葉雅紀「高級レストランで1才息子が号泣」の大ピンチ 周囲に頭を下げながら外に出て子をあやすファインプレー
女性セブン
財産分与が発生するのか(写真/AFLO)
羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象
女性セブン
森久美子
【堂々闊歩】女優・森公美子 ネット上で吹き荒れた「死亡説」吹き飛ばす黒タイトワンピ姿 
NEWSポストセブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン
「KANA-BOON」のドラム担当の小泉貴裕(こいちゃん)
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン