ライフ

子供のワクチン 打つ・打たないで意見が分かれて夫婦間でトラブルも

子供へのワクチン接種をどう考えるか(写真はファイザー製の小児用ワクチン/時事通信フォト)

子供へのワクチン接種をどう考えるか(写真はファイザー製の小児用ワクチン/時事通信フォト)

 ワクチン接種をめぐっては、人によってさまざまな考え方の違いがあり、判断は各人に委ねられる。しかし、保護者の同意が必要な子供の場合、その意見対立の妥協点は見出しにくい。

「うちは当初、夫婦で話し合い、子供への接種は当面は止めておこうと決めていました。しかし、かかりつけの小児科医に接種を勧められ、その小児科医に診てもらっている団地のママ友もみんな打たせると聞いて、妻が“接種させたほうがいい”と考えが変わったんです。ママ友や子供の間で、誰が接種させていないかも噂になりつつある。夫婦間でどうすべきか話し合っていますが、平行線が続いています」

 Aさん(39歳・男性)はそう話すと、思わずため息をついた。Aさん夫婦の頭を悩ますのは10歳の娘への新型コロナワクチンの接種についてだ。

 全国で小児(5~11歳)に対するワクチン接種が始まった。心筋炎等の発症例が少ないファイザー製ワクチンを使用し、接種量は成人(12歳以上)の3分の1に抑えられている。成人と同じく3週間間隔で2回接種する。

 これまでの12歳以上への接種との大きな違いは、小児に対しては、極力接種すべきとする「努力義務」がはずされたことだ。その理由について、厚労省は『新型コロナワクチンQ&A』で、「小児については、現時点において、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないこと」を挙げている。

 接種は親の判断に委ねられたため、5~11歳の子を持つ家庭は、接種させるべきかで頭を悩ますこととなった。

 夫婦家族問題コンサルタントの池内ひろ美氏はこう語る。

「ワクチン接種の是非については、夫婦間の意識の違いや価値観の違いでトラブルになるケースが多いです。私のところにも相談が相次いでいますが、どうしても意見の押し付け合いになってしまうため、解決には時間がかかります」

スマホを取り上げ「ちょっと待って」

 首相官邸のホームページによると、3月14日までに接種した小児は、接種対象約700万人のうち7万7766人で、1%ほどと出足は鈍い。

 今回、保護者に取材したところ、接種を躊躇する理由で多かったのは、「副反応」だった。11歳の娘を持つBさん(46歳・女性)はこう話す。

「私自身、2回目のワクチンを接種した後、不正出血があったんです。ストレスが原因だと頭では理解しているのですが、絶対にそうだと信じ切れない自分もいる。娘は初潮を迎えたばかりで、ただでさえ、規則正しく生理周期がこない可能性があるのに、もしワクチンによって何か異常があったとしても、気づけないかもしれない。デルタ株が流行していた頃のように重症化リスクが高い時期でしたら接種させたでしょうが……」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン