国際情報

ウクライナ、SNSで国際世論を味方に スマホの中で展開する「ハイブリッド戦争」

アメリカに議会でオンライン演説を行ったゼレンスキー氏(時事通信フォト)

アメリカに議会でオンライン演説を行ったゼレンスキー氏(時事通信フォト)

 ある投稿ではウクライナの空をロシアの爆撃機が低空飛行し、街に爆撃音が響き渡る。別の投稿では住宅地を戦車が進み、地下シェルターで市民が毛布にくるまる──。

 若者のダンス動画やメイク動画などが人気の動画配信サービスTikTokに突如として「戦争」が登場した。ツイッターやフェイスブック、YouTubeなど、あらゆるコンテンツで戦争に関する話題が広まっている。桜美林大学リベラルアーツ学群教授の平和博さんが指摘する。

「SNSは国境がなく、世界中とリアルタイムでつながれるツールです。友達と交流したり、歌や踊りを共有するメディアだったSNSの中に、突如、戦争の動画や写真が入ってきたことに衝撃を受けて戸惑ったユーザーも多いでしょう」(平さん)

 2月24日に本格的に開始されたロシアのウクライナ侵攻。ロシア軍の攻撃によってすでに女性や子供など340万人以上が国外へ避難したが、ウクライナ軍と残った市民は持ちこたえている。いま、私たちが見ているのは「ハイブリッド戦争」と呼ばれる21世紀型の戦争だ。

「一般的に、戦争は軍隊が大砲や戦車などで相手国に攻め込むイメージですが、ハイブリッド戦争は、通常の軍隊に加えてSNSによる情報戦やサイバー攻撃を仕掛けます。

 具体的には、フェイクニュース(偽情報やデマ)を広げることで相手を混乱させたり、敵兵の戦闘意欲を下げたりする。フェイクニュースやサイバー攻撃、武力攻撃を連携して相手方に攻め込んでいくのがハイブリッド戦争です」(平さん)

 情報技術は時代とともに進化して世界に影響を与えた。たとえば中世に活版印刷技術が発展すると誰でも自由に聖書を解釈できるようになり、宗教戦争が勃発した。第二次世界大戦では、ラジオがプロパガンダを率先。

 そして現在、軍事力では圧倒的に劣るウクライナがロシアを相手に善戦しているのは、SNSを駆使したハイブリッド戦争を効果的に仕掛けているからとされる。

 多くの人々のスマホの中に飛び込んできた戦争は、一体何を意味するのか。

民間人がSNSを武器に立ち向かう

《私はキエフにいる。隠れていない。何も怖くない》

 国民にそう語りかける動画をインスタグラムにアップしたのは、ウクライナのゼレンスキー大統領。その当時、同大統領が国外に退避するとの情報が流れていたため、国のリーダーが首都にとどまると宣言するとウクライナ国民や兵士の士気は大いに上がった。

 以降、ゼレンスキー氏はフォロワーが1600万人を超えるインスタグラム、同550万人以上のツイッター、同260万人以上のフェイスブックを存分に駆使して、キエフから発信を続けている(3月22日現在)。

 メッセージの多くは英語でも投稿され、国際社会に訴える。作家・批評家の西村幸祐さんはこう解説する。

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト