ライフ

子供のワクチン接種 家族間で意見が食い違ったらどう対処すべきか

子供のワクチン接種をめぐり、家庭内トラブルが続出しているという(イメージ)

子供のワクチン接種をめぐり、家庭内トラブルが続出しているという(イメージ)

 全国で小児(5~11歳)に対するワクチン接種が始まった。心筋炎等の発症例が少ないファイザー製ワクチンを使用し、接種量は成人(12歳以上)の3分の1に抑えられている。接種間隔は成人と同じく3週間で、回数は2回だ。

 そんな、子供のワクチン接種をめぐり、「妻が相談もなしに子供をワクチン接種に連れて行った」「話し合いもしていないのに夫が予約しようとしたので、スマホを取り上げて『ちょっと待って』と言った」など、家庭内トラブルが続出しているという。

 小児の接種で意見が対立するのは、夫婦間だけではない。夫婦家族問題コンサルタントの池内ひろ美氏が語る。

「夫婦で意見が一致しても、祖父母と意見が分かれるケースも多く見受けられます。祖父母からすると、子供夫婦は心配ですし、可愛い孫のため、どうしても『打ったほうがいい』あるいは『打たないほうがいい』と、意見を知らず知らずのうちに押し付けてしまいがちです」

 6歳と2歳の子供がいる福島県在住の自営業のAさん(46歳・男性)は、両親と同居しているが、ワクチン接種で親子トラブルが生じたという。

「両親は二人とも70代後半ですが、現在も商店を経営していて、『常連の高齢のお客さんにうつしたら大変だ』と、3回目の接種も済ませています。私や孫に『早く打て』『学校でもらってきて、うつされたら、たまったもんじゃない』と言うんです。私と妻は3回目を接種する予定ですが、子供の接種には反対しているので、親との関係が険悪になりつつあります」

 国立感染症研究所の調査(3月10日付)によると、オミクロン株による感染の致命率は、季節性インフルエンザの致命率よりも高いと考えられ、死者も80歳以上の占める割合が高くなっている。依然、高齢者にとっては危険性が高いウイルスであることは違いなく、世代による意識の違いが浮き彫りになっている。

 息子夫婦と同居しているBさん(73歳・男性)の妻は、思い余った行動に出たという。

「9歳の孫がいるんですが、息子夫婦は『子供には打たせない』と言ってきた。本音を言えば、孫に打たせてほしかったのですが、息子夫婦が決めたことなら文句は言えません。しかし、妻は、孫にもいいことだと考えて、毎日、郵便受けを確認して、接種券が来るや勝手に予約して、孫をかかりつけ医に連れて行ってしまったんです。

 ところが、小児接種には親権者の同意と同伴(もしくは委任状)が必要なことを知らなかったため、不審に感じた医者から息子に電話がいき、バレました。息子も嫁も激怒して、それ以来、口をきいてくれません」

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン