国際情報

ゼレンスキー氏の国会演説 日本の“察する文化”意識した巧みな手法

アメリカ議会での演説も歓迎されたが(CNP/時事通信フォト)

米議会の演説でも拍手喝采が送られた(CNP/時事通信フォト)

“キーワード”で想起させる

 日本の国会演説で用いられると予想されていたのは、「福島第一原発」と「北方領土問題」だろう。チェルノブイリ原発やクリミア併合、ドネツク、ルガンスクの独立承認という現状と対比させ、自分たちが体験していることを共有できるように訴えると思われた。

 だが演説で使われたのは、「原発事故」、「サリン」、「津波」という言葉。はっきりと言わずとも、それが何を意味するのか日本人なら誰もが知っている。言葉の行間を読み、余白を推測する、言わずとも察する日本人の国民性に働きかけた方が、効果的だと読んだのだろうか。サリンという言葉を用いたのは、ロシアの侵攻がテロ行為だと強調するためでもあるだろう。これまでの演説と異なり、言い回しがマイルドで柔らかい表現だったのも、日本の置かれている状況を考慮し、日本の“察する文化”に合わせたかもしれない。

 ストーリーの展開も巧みだ。「日本はアジアのリーダーになった」と言い、「ただ話し合うだけでなく、影響を与える」、「責任ある国家が一緒になって、平和を守るために努力しなければならない」と訴えるが、要求よりも要望という印象が強く、他国での演説のようなプレッシャーをかけていない。復興、故郷、調和、環境と文化という日本人には馴染みやすい、映像が頭に浮かびやすいキーワードを交えながら、経済制裁の継続や貿易禁止の導入など、長期的なサポートを求めている。

 キーワードで映像を思い出させる手法は、米議会で映像を用いた方法とは違っていた。米議会では、演説の合い間に爆撃を受けるウクライナ市街地の様子が映像で流された。情報は話して聞かせるより、ビジュアルと音による情報の方が記憶に残るという「画像優位性効果」がある。分子生物学者のジョン・メディナによると、聞かせただけの情報の場合、72時間後には内容を約10%しか覚えていないが、画像を加えた場合は65%が記憶に残っているというから、映像は効果的だ。「今すぐにでも、米国に行動を起こしてほしい」という強いメッセージでもあったのだろう。

 米国では日々、どれぐらいの情報がメディアで報じられているかは分からない。おそらく日本は、欧州やアジアの他の国よりも、ウクライナの現状が連日報じられているのだと思う。前述したキーワードがあれば、日本人は聞くだけでそれらの映像を思い出す。日本国政府がすぐにできる支援も多くはない。映像による効果を狙う必要はなかったのだろう。

 演説が終了すると、衆参両院の議員たちは全員が起立し拍手した。政界の反応は「尽力すべき」、「最大限の努力をしなければならない」と前向きなものが多く、岸田文雄首相は「わが国としてもロシアに対するさらなる制裁や、これまでに表明した1億ドルの人道支援に加えて、追加の人道支援も考えていきたい。改めて日本はウクライナとともにあるという思いを強調したい」と述べた。ゼレンスキー大統領の演説は政界にどこまで響いたのだろうか。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン