国際情報

ネットでの情報戦が展開されるウクライナ侵攻 フェイクニュース拡散の危うさ

(写真/時事通信社)

オンライン演説で支援を求めるウクライナのゼレンスキー大統領(写真/時事通信社)

 ロシアの軍事侵攻により、ウクライナでは民間人の犠牲者が増え続けている。SNS上でもさまざまな情報や意見が飛び交い、世界で「反プーチン」の声が大きくなっている。スマートフォン1つで情報が簡単に操作できるいま、私たちが「できること」と「やってはいけないこと」が広がっている。

 善戦しているとはいえ、今日もウクライナでは惨状が繰り広げられている。SNSの受け取り手である私たちは何をすべきだろうか。

 ロシアの侵攻直後に在日ウクライナ大使館(東京都港区)が受け付けを始めた専用口座には、3月15日現在で45億円を超える寄付が集まった。大使館には、ツイッターやフェイスブックを通じて「少しでも力になれれば」とメッセージが寄せられている。作家・批評家の西村幸祐さんは、こう話す。

「応援する方法は寄付だけではありません。SNSの投稿にウクライナ国旗が入っていたり、『ウクライナを応援しよう』とハッシュタグがついているツイートに、『いいね』するだけでもいいのです。ウクライナの人々は日本語が読めなくてもSNSを見ることはできるので、遠く離れた国から応援されていることがわかれば、支えに感じるはず」

 自分の見たいものだけしか目にしないことから、普段は批判に晒されることも多いSNSだが、戦時下では、その特性が「健全」とする見方もある。

「SNSは発信する側の知識や個性が無限に広がっています。真偽について、1つ1つの情報を確認する作業は必要ですが、媒体が限られているマスメディアの画一的な報道よりも、同調圧力を受けにくいのではないでしょうか」(西村さん)

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン