国際情報

ネットでの情報戦が展開されるウクライナ侵攻 フェイクニュース拡散の危うさ

(写真/時事通信社)

オンライン演説で支援を求めるウクライナのゼレンスキー大統領(写真/時事通信社)

 ロシアの軍事侵攻により、ウクライナでは民間人の犠牲者が増え続けている。SNS上でもさまざまな情報や意見が飛び交い、世界で「反プーチン」の声が大きくなっている。スマートフォン1つで情報が簡単に操作できるいま、私たちが「できること」と「やってはいけないこと」が広がっている。

 善戦しているとはいえ、今日もウクライナでは惨状が繰り広げられている。SNSの受け取り手である私たちは何をすべきだろうか。

 ロシアの侵攻直後に在日ウクライナ大使館(東京都港区)が受け付けを始めた専用口座には、3月15日現在で45億円を超える寄付が集まった。大使館には、ツイッターやフェイスブックを通じて「少しでも力になれれば」とメッセージが寄せられている。作家・批評家の西村幸祐さんは、こう話す。

「応援する方法は寄付だけではありません。SNSの投稿にウクライナ国旗が入っていたり、『ウクライナを応援しよう』とハッシュタグがついているツイートに、『いいね』するだけでもいいのです。ウクライナの人々は日本語が読めなくてもSNSを見ることはできるので、遠く離れた国から応援されていることがわかれば、支えに感じるはず」

 自分の見たいものだけしか目にしないことから、普段は批判に晒されることも多いSNSだが、戦時下では、その特性が「健全」とする見方もある。

「SNSは発信する側の知識や個性が無限に広がっています。真偽について、1つ1つの情報を確認する作業は必要ですが、媒体が限られているマスメディアの画一的な報道よりも、同調圧力を受けにくいのではないでしょうか」(西村さん)

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト