国際情報

ネットでの情報戦が展開されるウクライナ侵攻 フェイクニュース拡散の危うさ

(写真/時事通信社)

「戦争反対」のプラカードをテレビの生放送で掲げた女性局員は、反戦の意志を事前にSNSへ投稿していた(写真/時事通信社)

 キエフ出身のミキータさん(32才)は、大学時代からスペイン・バルセロナで暮らしている。戦争の第一報を知ったのは家族からの電話だったと話す。

「戦争が始まったのは午前4時頃でしたが、キエフにいる家族がそれを知るまでには少し時間がかかり、午前6時くらいに私のところへ父から電話がありました。

 戦争になるかもしれないという噂は半年ほど前からあったのですが、まさか現実になるとは思わなかった。父から報告を受けたときは、信じられないという気持ちと怒りでいっぱいでした」(ミキータさん・以下同)

 ミキータさんの父親は、現在は西ウクライナに避難しているという。

「父とはスカイプ(無料のビデオ通話サービス)で連絡を取っています。最近は空襲警報が鳴っても気にならないほど慣れてきたと話していました。ウクライナの人は愛国心が強いので、最後まで戦う気持ちです。

 ゼレンスキー大統領は、すぐ退避するだろうと思っていたのですが、キエフに残るとSNSで表明してから人々の見る目が変わりました。さらに支持率が高まっています」

 祖国に関する最新情報を、毎日SNSで収集しているというミキータさんが頻繁に利用しているのが、「Quora(クオーラ)」というコミュニティーサイト。質問に対して専門家や詳しい人たちが回答する「Yahoo!知恵袋」のようなサイトで、特にアメリカやヨーロッパで人気のサービスだ。

「SNSでよく話し合うのは、情報が『真実』か『偽物』かということ。いまはロシア側からもウクライナ側からもフェイクニュースが出ていて、正しい情報を見極めることが難しくなっています。

 日本の人たちがSNSを通じて戦争の情報に関心を持ち、ウクライナを支援してくれるのはとてもうれしい。ですが、『とりあえず“いいね”を押しておいて、後から調べればいいや』という使い方では意味がない。しっかり内容を読み、意味があると思った情報を拡散してほしいですね」

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン