国内

岡田晴恵氏 基準緩和による“まん防解除”に違和感「第6波は終わらない」

岡田晴恵氏が危惧することとは

岡田晴恵氏が危惧することとは

「まん延防止等重点措置」の解除とともに、すっかり新型コロナの自粛生活が終わるような期待感が漂っている。ところが、テレビなどで新型コロナの解説を続ける白鴎大学教授の岡田晴恵氏は、「第6波は、終わっていません」と警鐘を鳴らす。

「昨秋に感染者数が激減した第5波は、流行の最中にワクチンを打つ人が一気に増え、ワクチンと感染の両方で多くの国民が強いコロナ免疫を持てた。そうして第5波の収束時には全国の1日の感染者数が2桁台にまで激減し、たった2か月ほどでしたが世界で唯一、日本が集団免疫のようなものを獲得していた状態でした。

 ところが、その後第6波となったオミクロン株は感染力が強く、ウイルスの増殖も早く、潜伏期は短い。加えて、ワクチンを打って時間が経った高齢者に3回目の接種が間に合わないところもあって、高齢者施設でクラスターが多く発生しました。第6波は飲食店が感染拡大の起点となるよりも、施設や職場、学校、家庭内などで広がっているので、感染の高止まり、リバウンドが心配です」(以下、「」内はすべて岡田氏)

 軽症と言われたオミクロン株だが、死者数はコロナ禍で最多となる200人を超える日が続いた。都内の感染者数は3533人、全国で2万231人(3月22日時点)。2020年に初めて緊急事態宣言が発出された「第1波」で全国700人台だったピーク時よりもはるかに感染者数が多い状態だ。

 第6波の収束が見えないなかでの「まん防」解除について、政府は3月11日に開いた新型コロナウイルス感染症対策分科会で、「病床使用率や重症病床使用率が50%を超えていても、新規感染者数が減少傾向で医療への負荷が低下する見込み」であれば可能とする新基準案を提示していた。

「この『まん防』が、基準を緩和までして解除されたということを、国民はわかっているのでしょうか。経済を動かさないといけない現状で『まん防』を解除すること自体は否定しませんが、それならばセットで対応が行なわれるべきです。解除が出口戦略の一つならば、追加の感染症対策をどうとるのかが重要です」

 奇しくも職場や学校などは年度替わりを迎えるタイミングだ。季節柄、花見などの行楽も盛んになり、人の動きが活性化する。まだまだ油断は出来ない。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン