国内

岡田晴恵氏、第6波乗り越えるため「大規模療養施設」の必要性を提言

3月21日の渋谷、街には多くの人が(写真/共同通信社)

3月21日の渋谷、街には多くの人が(写真/共同通信社)

 今年1月から実施され、最大36都道府県に及んだ新型コロナの「まん延防止等重点措置」が3月21日をもってすべて解除された。「もう大丈夫」という空気が漂うなかで、“コロナの女王”岡田晴恵・白鴎大学教授からの緊急提言が──。

「まん防」解除とともに、すっかり新型コロナの自粛生活が終わるような期待感が漂っている。しかし、テレビなどで新型コロナの解説を続ける岡田晴恵氏は、「第6波は、終わっていません」と警鐘を鳴らす。

 奇しくも職場や学校などは年度替わりを迎えるタイミングだ。季節柄、花見などの行楽も盛んになり、人の動きが活性化する。だからこそ、岡田氏は第6波を乗り越えるためには「3つの柱」が必要だと提言する。

PCR検査を1日100万件に

 第1に挙げるのは、PCR検査の拡大と十分な抗原検査キットの確保だ。

「検査をしない“みなし陽性”や、医療機関を受診しない“自主療養”というものが認められた状況を思い出してください。医療機関にもかかれない、検査できず診断がつかなければ抗ウイルス薬も開始できない。それらを回避するためにもPCR検査1日100万件の体制を構築するべきです。

 現在、検査能力はおよそ40万件、実際に検査している数はそれ以下です。全国の感染者数が初めて10万人を超えた2月5日も、PCR検査数は19万件でした。そうして陽性率が40%を超えることもありましたが、本来検査の陽性率は5%以下に抑えるべきものです。6%を超えると、その国での死亡者、健康被害を受ける人の数が上がると報告されています。

 また、検査にすぐにアクセスできるようにすることで、陰性の人であれば積極的に経済を回すことができる。社会機能活動ができるようにするためにも、PCR検査を社会インフラとして、1日100万件規模でやれる体制作りが急務です」(以下「」内はすべて岡田氏)

 PCR検査と並行して、「抗原検査キット」の拡充も重要だという。

「感度の面では劣りますが、PCR検査よりも簡便ですぐに検査結果が出るため、感染拡大しやすく重症者リスクが高い高齢者施設などで働く介護士さんたちなどが抗原検査キットを潤沢に利用できるように配備することが大事です。

 本来なら感染者数が落ち着いていた時期に製造・確保しておくべきでしたが、今年に入ってからも抗原検査キットが不足する事態になりました。使用期限があるものですが、余ったら国が買い取るという姿勢で業者に委託して、十二分に確保しておくべきです」

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン