国内

岡田晴恵氏、第6波乗り越えるため「大規模療養施設」の必要性を提言

3月21日の渋谷、街には多くの人が(写真/共同通信社)

3月21日の渋谷、街には多くの人が(写真/共同通信社)

 今年1月から実施され、最大36都道府県に及んだ新型コロナの「まん延防止等重点措置」が3月21日をもってすべて解除された。「もう大丈夫」という空気が漂うなかで、“コロナの女王”岡田晴恵・白鴎大学教授からの緊急提言が──。

「まん防」解除とともに、すっかり新型コロナの自粛生活が終わるような期待感が漂っている。しかし、テレビなどで新型コロナの解説を続ける岡田晴恵氏は、「第6波は、終わっていません」と警鐘を鳴らす。

 奇しくも職場や学校などは年度替わりを迎えるタイミングだ。季節柄、花見などの行楽も盛んになり、人の動きが活性化する。だからこそ、岡田氏は第6波を乗り越えるためには「3つの柱」が必要だと提言する。

PCR検査を1日100万件に

 第1に挙げるのは、PCR検査の拡大と十分な抗原検査キットの確保だ。

「検査をしない“みなし陽性”や、医療機関を受診しない“自主療養”というものが認められた状況を思い出してください。医療機関にもかかれない、検査できず診断がつかなければ抗ウイルス薬も開始できない。それらを回避するためにもPCR検査1日100万件の体制を構築するべきです。

 現在、検査能力はおよそ40万件、実際に検査している数はそれ以下です。全国の感染者数が初めて10万人を超えた2月5日も、PCR検査数は19万件でした。そうして陽性率が40%を超えることもありましたが、本来検査の陽性率は5%以下に抑えるべきものです。6%を超えると、その国での死亡者、健康被害を受ける人の数が上がると報告されています。

 また、検査にすぐにアクセスできるようにすることで、陰性の人であれば積極的に経済を回すことができる。社会機能活動ができるようにするためにも、PCR検査を社会インフラとして、1日100万件規模でやれる体制作りが急務です」(以下「」内はすべて岡田氏)

 PCR検査と並行して、「抗原検査キット」の拡充も重要だという。

「感度の面では劣りますが、PCR検査よりも簡便ですぐに検査結果が出るため、感染拡大しやすく重症者リスクが高い高齢者施設などで働く介護士さんたちなどが抗原検査キットを潤沢に利用できるように配備することが大事です。

 本来なら感染者数が落ち着いていた時期に製造・確保しておくべきでしたが、今年に入ってからも抗原検査キットが不足する事態になりました。使用期限があるものですが、余ったら国が買い取るという姿勢で業者に委託して、十二分に確保しておくべきです」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン