国内

独居高齢者が悪徳商法のカモにされ、空き巣にまで入られる闇の構図

スマホを母に買い与えたことは、よかったのだろうかと今も悔やまれる(イメージ)

スマホを母に買い与えたことは、よかったのだろうかと今も悔やまれる(イメージ)

 離れて暮らす親がスマートフォンデビューをするにあたり、連絡がとりやすくなるからと気軽に使うようすすめたり、メールやLINEなどの設定をしたという人も多いだろう。生活を便利にするために役立つスマホだが、それをきっかけに年老いた親をトラブルに遭遇させてしまったと嘆いている人がいる。ライターの森鷹久氏が、スマホを持ったことをきっかけに、いくつものトラブルに遭遇したあげく空き巣グループの標的にもなったケースについてレポートする。

 * * *
 日常生活を少し便利に過ごせるように、と好意的にやったことが、後に大きなトラブルに巻き込まれる原因となる──

 まさにそんな経験をしたと筆者の取材に答えてくれたのは、北関東在住の主婦・田上明美さん(40代)だ。トラブルに巻き込まれた張本人は、現在60代だという田上さんの母。田上さんが、当時の嫌な思い出を振り返る。

「娘(当時10代)に軽いアトピー性皮膚炎の症状が出たと、母に何気なく話したのが全ての始まりでした。年頃の女の子だし心配だと漏らしたところ、母は私以上に心配してくれました。それから一ヶ月ほど経った後、母から娘宛に小包が届いたんです」(田上さん)

 小包の中身は美容液と美容クリームで、母からの手紙も添えられていた。田上さん自身が少し前に母親にプレゼントしたスマホを使い、アトピーに効くらしいという商品を購入した、是非孫娘に使ってほしい、そう記されていたという。

「はっきり言って、その手の商品はクセものだと思っていましたので、自分では買いません。おそらく母は、簡単な検索でたどり着いた商品の怪しげな広告を見て盲信し購入したのでしょう。効かないだろうなと思いましたが、孫を思う気持ちを無下にはできず、ありがとうとお礼を言っておきました」(田上さん)

 母親が購入した美容液と美容クリームは、ネット検索だけでなく、SNS上でも盛んに宣伝がなされていたことを筆者も確認をしている。広告には”アトピーが気にならなくなった”とか”肌が綺麗だと褒められるようになった”、などという体験者らしい人物の声が掲載されていたが、医薬品ではなく化粧品だからそういった表現が許されているのが現状だ。逆に、法律で宣伝につかってはならないと禁じられている「アトピーが改善する」とか「アトピーが治る」とはどこにも書かれていなかった。また、購入のきっかけになったのは、商品の販売元とは違う(とされる)別の広告会社が立ち上げた広告ページだろうことも推測された。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン