ライフ

【書評】『オン・ザ・プラネット』虚実入り交じるロードムービー仕立ての傑作

『オン・ザ・プラネット』著・島口大樹

『オン・ザ・プラネット』著・島口大樹

【書評】『オン・ザ・プラネット』/島口大樹・著/講談社/1650円
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

「俺は、その見る目自体が世界に近いっていうか、世界を発生させるための種、みたいに思うな」

 本作中にこんな言葉がある。これを受けて語り手の一人である「ぼく」は、個々の抱える「小宇宙」がぶつかって初めて、「世界が立ちあらわれる」のだと考える。

 映画研究会で自主制作映画を撮ろうとしている大学生男子一人、女子一人と、その友だちによるロードムーヴィー風の小説だ。彼らは車で移動しながら、あるいは酒を飲みながら、突発的な思い出話に耽り、ときには世界とはなにか、生きるとは、死ぬとはなにかといった思念的な会話を延々と交わしつづける。

 ふざけているようでいて真剣であり、本気に見えてなにかを演じているようでもある。虚実の境をぼやかす描き方は、本作が意識している、ジム・ジャームッシュの初期映画「ナイト・オン・ザ・プラネット」にも通じるかもしれない。

 彼らが鳥取砂丘で撮ろうとしている映画は、世界が終わる前のいっときを描くものだ。彼らの無駄話や雑談にもつねに終末への予感がつきまとっている。語り手「ぼく」の母は家を出ていき、その後に父が自殺して、姉もいなくなったこと。「トリキ」の弟が唐突に姿を消したこと。「マーヤ」の毎朝浜辺で会う女の子がそのうち自殺したこと……。喪失と記憶をめぐる濃密な考察が展開する。

 作中には、トリュフォーの「アメリカの夜」も引用される。一編の映画とその撮影現場のようすが交互に映しだされるという結構がこの小説と共通しており、「映画の中での愛や情熱は、勢いそのまま観客に、現実に、迫ってくる」といった映画への評は、そのまま本作にも当てはまるだろう。

 人間が映画や写真を撮ったり、物語を紡いだり、歌を作ったりするのは、自分たちの生を写しとり存在を継続させるための行為なのかもしれない。そうしてわたしたちは死ぬためのおだやかな準備をしているのではないか。そんなことを思わせる傑作だ。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン