芸能

町田啓太、映画版『チェリまほ』秘話明かす 胸が熱くなったカメラマンの言葉

町田啓太

ドラマや映画に引っ張りだこの町田啓太

 人気コミックをドラマ化し、2020年に放送された“チェリまほ”。その人気と勢いはアジア各国で愛されるワールドワイドな作品にまで成長し、スクリーンで“その後の2人”を見守れるのだ! 完璧な好青年役の町田啓太にその心境を聞いた。

 映画が決まり、撮影現場では胸が熱くなった場面が度々あったという町田。

「『チェリまほ』のスタッフさんたちはもともと映画畑のかたが多いんです。それもあって以前から『映画化までいけたらいいね』と話していたので、叶ってうれしいです。撮影初日、カメラマンさんがわざわざ駆け寄ってきてくれて『やったね! よろしくね!』と言ってくれたのもジーンとしました。映画化につながったのも、ドラマを見てくださった皆さんのおかげ。感謝しています」

 劇場版では、黒沢(町田)と安達(赤楚衛二)の関係が深まった状態で物語がスタート。現場でも2人の心理描写と丁寧に向き合っていたという。

「特に、“恋愛から愛に変わっていく様子”をどう見せるかが大事なので、監督の風間(太樹)さんと赤楚くんの3人でじっくりとディスカッションをしてから撮影に臨みました。具体的なシーンを挙げるのも難しいくらい、毎シーン話し合っていましたね。今回は大画面のスクリーンで見ていただけるので、よりしっかりと心の動きを感じていただけると思います」

 町田と赤楚の関係も少しずつ変化してきた。

「最初の頃は赤楚くんがすごく気を使ってくれていたんです。だけど、少しずつお茶目なところや冗談を言う回数が増えて、くだけた関係になっていきました。いまでは仕事に限らず何でも話せる仲です」

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト