国際情報

上海でコロナ陽性の乳幼児も隔離施設に 親の付き添い認めず批判続出

中国では厳格なコロナ対策を実施

中国では厳格なコロナ対策を実施

 新型コロナウイルスの感染拡大で都市封鎖(ロックダウン)の実施を余儀なくされた上海市は、「乳幼児が感染した場合、隔離施設に送られ、完治するまで親との面会は一切許可できない」との方針を決めた。これに市民が「親が面倒見なければ、子供は生きていけない」と反発している。

 市当局が「それならば、親がPCR検査で陽性になった場合のみ、子供の付き添いを認める」と回答をしたところ、「あまりにも無慈悲だ」「それならばコロナに感染してでも、子どもに付き添う」など声がネット上にあふれており、市当局のあまりにもお役所仕事的な融通のなさに批判がでている。上海晩報などが報じた。

 上海市衛生健康委員会は4月4日、記者会見を開き、感染者が増え続けていることから、「子どもや妊婦、高齢者などの患者について、今後も隔離施設に収容して治療を続けることにしており、付き添いは認めない」と発表した。

 記者団から「いくら高度な技術を持った医師団が治療しても、乳幼児にとって、親の愛情に及ぶものはない」などとの質問が出たところ、同委員会の担当者は「7歳以下の乳幼児が感染した場合、親も感染者していれば、親子が同じ隔離施設で過ごすことができる」と回答した。

 これに対して、ネット上では「幼いこどもにとって、親がいないことがどれだけ不安だろうか。看護師らはミルクをやって、おむつをちゃんと取り換えてくれるのか」、「子供が感染して、私が感染していなくも、一緒にいられるのならば、私は感染しても良い」など、女性の声が多く寄せられている。

 SNSでは、上海市の乳幼児の隔離施設の映像が投稿されているが、施設では一つのベッドに何人もの子供が寝かされており、子供たちが泣き叫んでいても、看護師たちは見向きもしないという様子などが映し出されていた。

 1歳の乳児を隔離施設に送られた母親は「子供に付き添わせてほしいと医師らに必死に訴え、市当局に陳情の電話をしても全く聞いてくれなかった。この映像を見て、子供が心配で心配で、私の方がおかしくなりそうだ」などと訴えている。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン