芸能

【特集1982年】アイドル全盛の音楽業界 中森明菜の登場は衝撃だった

中森明菜の2枚目のアルバム『バリエーション<変奏曲>』

中森明菜の2枚目のアルバム『バリエーション<変奏曲>』

 日本の音楽業界において、1982年はまさに「アイドル全盛」の時代だった。この年にはシブがき隊、小泉今日子、中森明菜らがデビューし、「花の82年組」と呼ばれた。当時を知る音楽プロデューサーに1982年を振り返ってもらった。

アイドルの個性に合わせた楽曲制作

 1976年にレコード会社、CBSソニー(現・ソニーミュージックエンタテインメント)に入社し、1978年から邦楽ディレクターとして活躍した吉田格さん(「」内、以下同)。

「1982年は、弊社から出した松田聖子さんの『赤いスイートピー』がヒットしたことが大きかったですね。作詞はロックバンド『はっぴいえんど』の松本隆さん、作曲は呉田軽穂(松任谷由実)さんでした」

 これまでの作詞家といえば、故・阿久悠さんや故・なかにし礼さん、作曲家といえば故・筒美京平さんや都倉俊一さんといった、職業作家だったが、この頃から、松任谷由実や中島みゆき、来生たかお、井上陽水、財津和夫といった、シンガーソングライターたちが、アイドルのための曲を提供し始めた。制作側はアイドルの個性や時代の空気を読みながら、作曲家・作詞家・編曲家に発注したという。

「デビューまでの準備期間が短いため、当時のアイドルには歌唱力がいま一歩という人も多かった。だから、彼らの声の音域に合わせた曲を作ったりしていました」

 当時のアイドル曲が、カラオケでいまだに多くの人に歌い継がれるのは、作品の魅力に加え、誰もが歌いやすく、覚えやすいからでもあるのだ。

原田知世

原田知世の『ときめきのアクシデント』

中森明菜の登場は1982年の事件だった

 吉田さんは1982年に16才でデビューした中森明菜をオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)の会場で見たことも、衝撃的な出来事の1つだったと語る。

「明菜さんを初めて見たとき、光と影をはらんだ奥深い魅力があるなと感じました。1970年代のアイドルであるキャンディーズや山口百恵さん、南沙織さんらは、1980年前後に、解散や引退をしてしまった。代わって1980年に松田聖子さんがデビュー。圧倒的な歌唱力とスター性で、“聖子一強時代”を築きました。そこに登場したのが明菜さん。彼女は百恵さんに近い“陰”の要素を持っているだけでなく、努力家で歌もうまかった。幼さと大人の雰囲気を同居させた楽曲を立て続けに発表して成功をおさめました」

 デビュー曲『スローモーション』は、全日本有線放送大賞など、多くの賞を獲得した。

CDの登場で複数買いのファンも

小泉今日子

小泉今日子のアルバム『詩色の季節』

「1982年は新しいものを求める時代でもありました。世界初のCDが発売されたため、ファンはレコードと同時にCDも購入するように。複数買いするファンもいたため、違いをつけようと、特典用のカラーレコードやピクチャーレコード、ハート形のレコードなども制作されていました」

 特典をつけるという風潮はその後、初回限定盤と通常盤など、同じアルバムを複数枚購入してもらうための販売戦略として、現在に受け継がれていった。

取材・文/前川亜紀、番匠郁

※女性セブン2022年4月21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン