芸能

ラッパーの顔を持つ落語家・林家つる子「笑いの感覚は普遍」に感じるロマン

端正な顔立ちなのに、落語に入るとびっくりするぐらい三枚目になれる“落語の国の人”とたい平は語る

注目の落語家・林家つる子。「端正な顔立ちなのに、落語に入るとびっくりするぐらい三枚目になれる“落語の国の人”」と林家たい平は語る

 現在、女流落語家たちが大活躍中。そんな彼女たちのおすすめの落語はどんなものなのか──。コミカルな動きや表情でファンも多いのが、林家つる子だ。落語の魅力を、「江戸、明治、大正期に作られた噺がいまでも笑えるところ。笑いの感覚は普遍だという点にロマンを感じます」と語る。

 そんな彼女が入門編として選んだのは、心がほっこりする人情噺。昔もいまも、人の感情は変わらないと実感させられるものばかりだ。

「子別れ(別名・子は鎹)」は、大学生のときに聴いて衝撃を受けた。

「別れた夫婦が、子供をきっかけに元の鞘に収まる噺。夫婦間や子供への思いなど、共感できる部分がたくさんあるはずです」(つる子・以下同)

 特に、子供のけなげさにぐっとくるという。

「本当は3人一緒に暮らしたいけれど、ダメ亭主に苦労させられた母親を気遣って、その気持ちを隠している子供が、更生した父親に偶然会ってお小遣いをもらうのですが、『おっ母さんには内緒』と約束したため、母親にお金の出どころを問い詰められても、かたくなに父との約束を守るんです」

 当時は、自分の両親を重ねながら聴いたという。

「親って、子供のことを話すとき、すごくうれしそうですよね。『子は鎹』って本当にそうだなあと、親を思いながらしみじみと聴きました」

 同じく酒飲みの亭主が出てくる「替り目」は陽気な噺。

「憎みきれないダメ亭主が、留守のはずの妻のことを『本当はよう、感謝してるんだよ、あいつには』と独白する様子を、まだ家にいた妻がニヤニヤしながら聴くシーンがかわいらしい。『こういう男いるよね〜』と笑えます」

 3つめの「紺屋高尾/幾代餅」は、「職人と人気絶頂の花魁という、結ばれるはずのない2人の純愛物語で、まさに、江戸時代版“究極の推し活”です!」。

 次に、物語の肝となる用語や時代背景を押さえれば、通向けの演目も楽しめるという例として、「三枚起請」という郭話を教えてくれた。

 起請とは、いわゆる結婚契約書のようなもの。心に決めた「まぶ(情夫)」にしか出さないものだが、なんと3人の男が同じ花魁の起請を持っていた。怒った男たちは花魁に詰め寄る。起請を破ると、熊野権現の霊験あらたかなカラスが3羽死に、地獄に落ちるとされていた。

「そのオチが、花魁による『三千世界のカラスを殺し、ぬしと朝寝がしてみたい』という当時の都々逸です。花魁は朝に寝る商売なので、朝うるさく鳴くカラスが憎い。男たちの『起請を破るとカラスが死ぬぞ』という脅しに対し、『もっと書いて殺したいぐらいだ、ゆっくり朝寝がしたいんだから』という開き直りが痛快。起請と都々逸がわかっていると、生き生きとした落語の世界が広がります」

 落語を演じるなか、女性の登場人物の存在が気になるようになっていったという。

「先ほど挙げた『子別れ』をはじめ、ほとんどの落語は男性側の目線で描かれています。じゃあ、女性の気持ちはどうなのか。女性の側にだって葛藤や迷いがあるはずだと思っていました。

 そこで、これまで描かれなかった女性目線の落語をやってみようと思い、二ツ目になってから、おかみさんを主人公にした『子別れ』と、有名な『芝浜』を披露しました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン