国内

河野太郎氏 菅前首相の勉強会に参加意思も「結束が乱れる」と懸念の声

河野太郎氏(写真/Getty Images)

河野太郎・広報本部長が勉強会参加の意向で、さまざまな意見が出る(写真/Getty Images)

 菅義偉・前首相を中心として自民党内の「非主流派」を派閥横断的に束ねる勉強会をめぐり、立ち上げに向けた動きが活発化している。4月6日には二階派の武田良太・前総務大臣と、2月に麻生派を退会した佐藤勉・前総務会長らが都内で会談し、勉強会立ち上げに向けた方針を確認し合ったという。

 勉強会には菅氏を支える無派閥グループのほか、二階派、森山派、石破グループの議員が参加する見通しだが、最大の目玉は菅氏が総裁選で推した河野太郎・広報本部長の存在だ。かねて参加が取り沙汰されていた河野氏だが、4月8日の記者会見で「声が掛かったら参加する」との意向を示した。

 この参加表明には相当の覚悟が必要だったはずだと、ベテラン政治ジャーナリストは言う。

「河野氏は現在、主流派の一角を占める麻生派に属しています。勉強会というのは名目で、非主流派を結集させるグループ結成への動きであることは明らかですから、ここに河野氏が参加することを、麻生太郎・副総裁が快く思うわけがありません。まして仕切り役になっているのは麻生派を飛び出した佐藤氏ですから、これは将来の派閥離脱を見据えた動き、つまり麻生氏との事実上の決別宣言だと捉えるのが自然でしょう。

 一方、菅氏は河野氏の参加を待ち望んでいたことでしょう。総裁選で河野氏を担いだ菅氏は、敗れたものの依然として河野氏を買っており、先日出演したインターネット番組でも『愚直で度胸がある』として将来の総理候補と評価していました。

 菅氏の狙いは自らがもう一度上に立つことではなく、あくまでキングメーカーとして河野氏を総理に育てるつもりではないかとみられています」

 だが、菅氏による河野氏への肩入れは、周囲との“距離”も生んでいる。菅側近のひとりは語る。

「われわれはあくまで菅さんをもう一度盛り立てるために集まるわけであって、河野さんを担ぐためではありません。そもそも菅さんと周囲の間では、河野さんの評価をめぐって隔たりがある。菅さんは河野さんの愚直さや度胸を評価しますが、言い換えれば独断専行で人の言うことを聞かず、人望に欠ける部分があるということ。総裁選で敗れた原因はそこにあるのではないでしょうか。

 河野さんが参加することは有り難いですが、彼がトップになるということであれば話は別。参加者の間では、菅さんがもう一度立つつもりがないなら、二階派の武田さんを総理候補として育てるべきという声もある。菅さんが河野さんを最初から推すようだと、グループ自体の結束が乱れる懸念があります」

 河野氏という劇薬はどのような副作用をもたらすのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト