スポーツ

プロ野球「鳴り物」応援はコロナ後どうなる?選手は「復活なら守備で衝突リスク」懸念

 

立ち上がることができない栗原(共同通信社)

立ち上がることができない栗原(共同通信社)

 新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置が解除され、プロ野球は3年ぶりに観客数の制限がなくなった。球場に詰めかけたファンは球場内に流れる選手の応援歌に合わせ、手拍子で応援している。ただ、感染の収束に伴って、球場での応援が“元通り”になるかを巡っては、様々な議論があるようだ。

 各球場では大声での応援、応援歌などの歌唱は感染予防対策の観点から禁止が呼びかけられているが、試合が白熱すると思わずどよめきの声が漏れることも。大音量のトランペットに合わせて、ファンが大声援を送る日常が戻るまでにはもう少し時間がかかりそうだ。

 鳴り物入りの応援の復活を楽しみにしている野球ファンも多いだろう。相手選手がたじろぐほどの阪神ファンの熱狂的な応援、広島ファンの「スクワット応援」、ロッテファンの一糸乱れぬ大声援と手拍子は球場の風物詩になっている。米国にない日本の応援歌の文化を気に入る助っ人外国人も多かった。

 ただ、鳴り物入りの応援に関しては選手からも否定的な声が少なくない。セ・リーグのある選手はこう話す。

「大声援で応援してくれるのはありがたいですよ。ただ、外野を守っている時に他の選手の声がかき消されて聞こえないんです。数年前の交流戦でロッテと対戦した時は、ロッテファンの声援が凄くてびっくりしました。ZOZOマリンは風が強く吹き荒れているので打球の落下地点を予測するのが難しい上に、大声援とトランペットの音で他の球場以上に選手の声が全然聞こえない。フライで衝突しそうになった時は怖かったですね。

 コロナ禍で無観客になっていた期間は守備が本当に楽になりました。もちろん、大観衆の中でプレーしたほうがモチベーションは上がります。でも、応援歌がないと、他の選手の声もはっきり聞こえるので守備の連携が取りやすいのは間違いありません」

 選手同士の交錯は選手生命を脅かしかねない。3月30日のロッテVSソフトバンク戦(ZOZOマリン)では9回にロッテ・福田光輝の左中間に飛んだ打球を追いかけた左翼・栗原陵矢と中堅・上林誠知が交錯。左膝付近を強打した栗原はそのまま倒れ込み、担架で運ばれた。栗原は「左膝前十字靱帯断裂」「左外側半月板損傷の疑い」と病院で診断され、全治は未定。今季中の復帰は絶望的な状況だ。

「栗原と上林の交錯は鳴り物応援がないなかでのものですが、守備で選手同士が激突するリスクを少しでも減らすためにも、スタンドからの応援については見直しても良いかもしれません。一昔前は相手守備の落球を誘発するために応援団がトランペットを鳴らし続けるケースも珍しくなかった。見ていて気持ち良いものではないですし、選手がパフォーマンスを発揮する機会を妨害しているようにも感じてしまう」(スポーツ紙デスク)

 海の向こうではエンゼルス・大谷翔平、カブス・鈴木誠也、パイレーツ・筒香嘉智と日本人選手たちが活躍しているが、メジャーの球場は応援歌は流れず、スタンドに詰めかけたファンは一球一球を食い入るように見つめ、良いプレーに称賛の拍手を送っている。

 日本も応援スタイルを模索する時期に差し掛かっているのかもしれない。

 

スマホのライトを点灯させて応援する観客により試合が中断した(時事通信フォト)

スマホのライトを点灯させて応援する観客により試合が中断した(時事通信フォト)

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン