芸能

追悼・藤子不二雄Aさん 世代を超えて愛される名キャラクターたち

4月7日に亡くなった藤子不二雄Aさん

4月7日に亡くなった藤子不二雄Aさん

 漫画界の巨星がまた1人、この世を去った──4月7日、漫画家・藤子不二雄Aさん(本名・安孫子素雄)が亡くなった。「忍者ハットリくん」、「怪物くん」、「プロゴルファー猿」など数々の大ヒット漫画を発表。長年の功績に敬意を表し、故人を偲びつつ名作キャラクターを振り返ります。

怪物くん

怪物くん(C)藤子スタジオ

●怪物くん(1965年連載開始)

 怪物ランドからやってきたちょっとワガママな王子・怪物太郎。ヒロシ姉弟の暮らすアパートの隣の「怪物屋敷」に住み、家来のドラキュラ、オオカミ男、フランケンと共に人間界で大暴れする物語。2010年には、嵐・大野智主演でドラマ化された。

笑ゥせぇるすまん

笑ゥせぇるすまん(C)藤子スタジオ

●笑ゥせぇるすまん(1969年連載開始)

 さまざまな悩みや欲望を持つ現代人に主人公・喪黒福造が魅惑的に歩み寄りささやく。しかし、喪黒との約束を破ったものは代償を負い、奈落の底へと落ちる。ブラック・ユーモアの代表作。

プロゴルファー猿

プロゴルファー猿(C)藤子スタジオ

●プロゴルファー猿(1974年連載開始)

 少年漫画初のゴルフ漫画。賞金稼ぎの野生児天才少年ゴルファー猿谷猿丸が、ミスターXの送り込む対戦相手を驚異の必殺打で撃破。奇怪な強敵や難攻不落のゴルフコース、「旗つつみ」「モズ落とし」などの秘技が多くの読者を熱狂させた。

忍者ハットリくん

忍者ハットリくん(C)藤子スタジオ

●忍者ハットリくん(1964年連載開始)

 忍者の里・伊賀からやって来たハットリくんがある日ケン一少年と出会い、彼の家にホームステイ。様々な忍法を駆使して活躍する。弟のシンゾウや、ライバルの甲賀忍者ケムマキなど次々に面白いキャラクターが登場して、子供から大人まで楽しめる大人気コメディー。

●『女性セブン』で1973年に連載していた『愛ぬすびと』

 難病の妻・優子の治療費を稼ぐため、旅行会社に勤めるサラリーマン・愛誠(あい まこと)が独身の女性を狙い結婚詐欺を繰り返す。次々と偽りの愛を食い物にして、やがて最後には本当の愛も…テレビドラマ化もされた切ないストーリーの異色作。

【プロフィール】
藤子不二雄Aさん/1934年、富山県生まれ。中学生のとき、読んだ手塚治虫氏の『新宝島』に衝撃を受け漫画を描き始める。藤子・F・不二雄さんとコンビを組み、共作『天使の玉ちゃん』で1951年にデビュー。1952年に富山新聞社に入社後、記者として勤務。1954年に上京すると故・藤子・F・不二雄さんとともに東京・豊島区のトキワ荘で本格的に漫画家としての活動を始める。その後1964年に共作『オバケのQ太郎』が大ヒットし、日本漫画界に次々とヒット作を生み出していった。

※女性セブン2022年4月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン