スポーツ

阪神“優勝マジック”減らせない尼崎の商店街「強い時も弱い時も応援するしかない」

尼崎中央三丁目商店街の「マジックナンバー」は残り試合が127となっても133のまま(撮影/杉原照夫)

尼崎中央三丁目商店街の「マジックナンバー」は残り試合が127となっても133のまま(撮影/杉原照夫)

 4月13日、バンテリンドームでの中日戦に敗れた阪神は開幕16試合を終えて1勝14敗1分け、借金は13。勝率は.067となり、プロ野球史上初の「勝率6分台」を記録、夕刊紙には「本拠地のある西宮市の市街局番(0798)より弱い」と揶揄される始末だ。

 この低迷に最も気を揉んでいるのは、「日本一早いタイガース優勝マジック」の垂れ幕を掲げることで有名な尼崎中央三丁目商店街かもしれない。今季は開幕前の3月23日に恒例の“点灯式”が催され、公式戦の試合数「マジック143」が掲げられた。

 同商店街の“マジックナンバー”は、「あと何勝すれば優勝が決定する」という本来の数字とは違い、基本的には「阪神の残り試合数」を表示する。ただし、「負けた日は数字を減らさず、勝った日の翌日に残り試合数まで一気に減らす」という独特なルールになっている。

 今シーズンは開幕から9連敗を喫し、4月5日に甲子園でのDeNA戦で初勝利を挙げるまでマジックは143のまま。初勝利の翌日にマジックは一気に133まで減ったが、その後は引き分けを挟んで5連敗。16試合が終わって残り試合127となってもマジックは133から変わらなかった。

 商店街振興組合の寺井利一・理事長は、「開幕9連敗した時は“どないしよう”と頭を抱えましたが、ここまで勝てないと開き直るしかありまへんわ。ワシらは暗黒時代を経験しているから、何連敗しても怖くないですわ」と苦笑いするばかり。マジックの垂れ幕は2002年から掲げられるようになったが、「負けた日は数字を減らさない」というルールは金本阪神時代の6年前から始まったのだという。

「それまでは負けた翌日もマジックを減らしていたんですが、脚立に上がって数字の表示を変えているのを阪神ファンから“負けたのに減らすな、けったくそが悪い。そんなことするから負けるんじゃ”とヤジられた。そんなことがあって、勝った翌日にまとめて減らすようにしたんです」(寺井氏)

 阪神が上位を争っているシーズンであれば、勝利した翌日には商店街に阪神ファンが集まって六甲おろしを熱唱し、ジェット風船を飛ばしてマジックが減るのを喜んでいたというが、今シーズンはあまりの黒星続きで阪神ファンは冷め切っているという。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン