芸能

テレ朝、斎藤ちはるアナと森山みなみアナの担当番組チェンジが大成功と言えるワケ

雨のなか会見にのぞむ斎藤ちはるアナ(2019年)

斎藤ちはるアナは『グッド!モーニング』へ(2019年)

 異動シーズンの春。テレビ業界でも女子アナたちの担当番組が変更となり、注目を集めている。その中の1つ、テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(25才)と森山みなみアナウンサー(23才)の担当番組チェンジについて、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが解説する。

 * * *
 手っ取り早いし、お金もかからないリフレッシュ方法だからだろうか。この春は、各局の生ワイドやニュースにおいて、女性アナウンサーのシャッフルやチェンジが相次いだ。

 もっとも顕著なのはNHKだが、もっとも話題になっているのは、テレビ朝日系『グッド!モーニング』の森山みなみアナ(2021年入社)が『羽鳥慎一モーニングショー』へ、『~モーニングショー』の斎藤ちはるアナ(2019年入社)が『~モーニング』へ異動したことではないか。

 元・子役であり、乃木坂46のメンバーでもあった斎藤アナは、入社前から話題を振りまき、入社と同時に『~モーニングショー』のアシスタントMCに抜擢された。近年のテレビ朝日では、『ミュージックステーション』のアシスタントとして新人アナをタモリの横に立たせるケースが多かったが、同時間帯で視聴率トップの『~モーニングショー』をいきなり担当することになった斎藤アナのプレッシャーは、“Mステ”のそれよりも大きかったと思われる。

 だが、長身の羽鳥と並んでも決してひけをとらない背の高さと華のあるルックス。しかも度胸もあって、羽鳥やコメンテーターの玉川徹氏、気象予報士で俳優の片岡信和ら個性に溢れた共演者からのバラエティに富んだ“振り”に、斎藤アナはパーフェクトに応えていたのである。

「嫌いなMC」2位への疑問

 だが、マスコミに注目されすぎた分、ずいぶん酷い記事を書かれ続けたものだ。プライベートを度々追いかけられたのは、“乃木坂”出身の女性アナウンサーとして仕方がなかったのかもしれないが、私がずっと解せなかったのは、「やる気がない」「力不足」といった斎藤アナへの“評価”だった。

もっとも驚いたのは、昨年、ワイドショーのMCの“好き嫌い”を調査したランキングで、『バイキングMORE』(フジテレビ系)の坂上忍に次いで斎藤ちはるアナが「嫌いなMC」第2位になっていたことだ。

「好き」の反対語が「嫌い」ではないことを御存知の方は多いだろう。テレビの場合、「嫌なら見なければいい」という選択があるので、それでも見てしまい、「嫌い」と反応するのは興味がある証拠。「好き」の反対語を「無関心」だとする識者は多い。

ちなみに坂上に関しては、『バイキング~』が終了し、『ポップUP!』が始まった途端、「坂上ロス」「坂上に戻してほしい」なる声を取り上げるネットニュースがある。こんな掌返しがあるだろうか。

 で、斎藤アナだ。「嫌い」と言われるほど彼女の出番が多かったワケではないのである。前任の女性アナウンサーの中には、コーナーをもっていた者もいれば、取材に出ていた者も少なくない。だが、斎藤アナがそうしたコーナーを担当していたことは私の記憶にはない。斎藤アナは、朝ワイドの中でも圧倒的に硬派な『~モーニングショー』のテイストに合わせて、淡々と進行していたとみるほうが正しいように思う。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン