芸能

阿部寛、尊敬してやまないタフな95才父が選んだ「二世帯住宅よりボウリング」

芸能界へ背中を押し、舞台挨拶には毎回足を運ぶ父が下した決断は

芸能界へ背中を押し、舞台挨拶には毎回足を運ぶ父が下した決断は

 ロケット開発に夢を見る下町企業の社長から、古代ローマの“風呂デザイナー”まで、幅広い役柄を演じてきた阿部寛(57才)が次に挑戦したのは、不器用ながらも愛情をもって息子と接する父親だ。その演技の陰には、阿部が追い続けた“父親像”があった。

 不慮の事故で最愛の妻を失った男が、人情に厚い周囲の人たちに支えられながら、男手ひとつで息子を育てていく。直木賞作家・重松清氏の小説『とんび』は、父と息子の愛と葛藤を描いた名作だ。これまでに2度実写ドラマ化され、2012年放送のNHK版では堤真一(57才)と池松壮亮(31才)が、2013年のTBS版では内野聖陽(53才)と佐藤健(33才)が、それぞれの父子を描き出した。

 そして、3度目の実写化は銀幕だ。4月8日に映画『とんび』が公開された。阿部寛が父親の安男(ヤス)を、息子・旭(アキラ)を北村匠海(24才)が演じている。頑固一徹で不器用なヤス役の阿部の演技からは、鬼気迫る雰囲気と同時に、妙なリアリティーも伝わってくる。その陰には、阿部本人と、父との父子“とんび”秘話があった。

「親父は本当に強い」

 阿部は1964年、長男、長女に続く、3人きょうだいの末っ子として神奈川県横浜市に生まれた。

「ダンプカーなどを造るエンジニアとして働いていた阿部さんのお父さんは、寡黙で職人気質でした。家に帰ってくるとご飯を食べてお風呂に入り、すぐに寝てしまうような人だったそうです。趣味も盆栽いじりくらいで、阿部さんは“中高生時代は、父親としゃべった記憶がほとんどない”と言うほどです」(阿部家の知人)

 子育てや近所づきあいは、もっぱら母の役目だったという。1985年、阿部は大学在学中に、ファッション誌のモデルグランプリで優勝し、雑誌モデルとしての活動をスタートした。その後、俳優としてのオファーが舞い込むが、演技経験のなかった阿部は二の足を踏んだ。そこで背中を押したのが父の言葉だったという。

「“チャンスがあるんだったらやればいい。もしダメだったらやり直せばいいんだから”とお父さんに後押しされ、心置きなく仕事に打ち込めたそうです。それ以来、大切な場面ではお父さんの意見を求めるようになったと聞きます」(芸能関係者)

 20代半ばで実家を出たときには、父親の存在の大きさを改めて感じたという。そして2004年、家族をつなぐ要だった母が他界する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン