芸能

阿部寛、尊敬してやまないタフな95才父が選んだ「二世帯住宅よりボウリング」

芸能界へ背中を押し、舞台挨拶には毎回足を運ぶ父が下した決断は

芸能界へ背中を押し、舞台挨拶には毎回足を運ぶ父が下した決断は

 ロケット開発に夢を見る下町企業の社長から、古代ローマの“風呂デザイナー”まで、幅広い役柄を演じてきた阿部寛(57才)が次に挑戦したのは、不器用ながらも愛情をもって息子と接する父親だ。その演技の陰には、阿部が追い続けた“父親像”があった。

 不慮の事故で最愛の妻を失った男が、人情に厚い周囲の人たちに支えられながら、男手ひとつで息子を育てていく。直木賞作家・重松清氏の小説『とんび』は、父と息子の愛と葛藤を描いた名作だ。これまでに2度実写ドラマ化され、2012年放送のNHK版では堤真一(57才)と池松壮亮(31才)が、2013年のTBS版では内野聖陽(53才)と佐藤健(33才)が、それぞれの父子を描き出した。

 そして、3度目の実写化は銀幕だ。4月8日に映画『とんび』が公開された。阿部寛が父親の安男(ヤス)を、息子・旭(アキラ)を北村匠海(24才)が演じている。頑固一徹で不器用なヤス役の阿部の演技からは、鬼気迫る雰囲気と同時に、妙なリアリティーも伝わってくる。その陰には、阿部本人と、父との父子“とんび”秘話があった。

「親父は本当に強い」

 阿部は1964年、長男、長女に続く、3人きょうだいの末っ子として神奈川県横浜市に生まれた。

「ダンプカーなどを造るエンジニアとして働いていた阿部さんのお父さんは、寡黙で職人気質でした。家に帰ってくるとご飯を食べてお風呂に入り、すぐに寝てしまうような人だったそうです。趣味も盆栽いじりくらいで、阿部さんは“中高生時代は、父親としゃべった記憶がほとんどない”と言うほどです」(阿部家の知人)

 子育てや近所づきあいは、もっぱら母の役目だったという。1985年、阿部は大学在学中に、ファッション誌のモデルグランプリで優勝し、雑誌モデルとしての活動をスタートした。その後、俳優としてのオファーが舞い込むが、演技経験のなかった阿部は二の足を踏んだ。そこで背中を押したのが父の言葉だったという。

「“チャンスがあるんだったらやればいい。もしダメだったらやり直せばいいんだから”とお父さんに後押しされ、心置きなく仕事に打ち込めたそうです。それ以来、大切な場面ではお父さんの意見を求めるようになったと聞きます」(芸能関係者)

 20代半ばで実家を出たときには、父親の存在の大きさを改めて感じたという。そして2004年、家族をつなぐ要だった母が他界する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン