ライフ

生島ヒロシ、「平日は1日2食、休日は1日1食」で訪れた大きな体調変化

平日は1日2食、週末は1日1食という生島

平日は1日2食、週末は1日1食という生島

 引退試合を終えたばかりの体操界のレジェンド、内村航平(33才)。70才を超えてなおテレビやラジオで活躍し続けるタモリに生島ヒロシ。デビュー当時と変わらないパフォーマンスを続ける未唯mieや53才にして甘いマスクと歌声が健在な福山雅治、テレビ朝日の“昼の顔”大下容子アナウンサー(51才)。ジャパネットたかたの高田明前社長(73才)に星野リゾートの星野佳路社長(61才)。

 年代も性別も職業もまったく違う彼らには、ある1つの共通点がある。それはずばり食習慣。名前を挙げた8人は、みな「1日3食」をやめた人たちばかりなのだ。長らく、健康な体を作るためには規則正しい生活を送ること、とりわけ決まった時間にしっかり3食食べることが肝要だとされてきた。だが、その常識はもう、過去のものになりつつある。

 アナウンサー生活46年目にして平日朝の生放送ラジオ番組のパーソナリティーを務め、『70代現役!「食べ方」に秘密あり』(青春新書インテリジェンス・健康長寿の研究に詳しいイシハラクリニック院長の石原結實さんとの共著)の著書もある生島ヒロシは、自身の健康の秘訣は3食食べないことにあると語る。

「食生活を大きく変えたきっっかけはステイホーム生活にありました。それまでは会食が多く、各地での講演に飛び回るなど仕事も不規則だったこともあり、小腹が空いては1日何食も食べてしまっていた。当然、体重は増加の一途を辿るうえ胃の調子も常に悪く、いつも薬が手放せなかった。

 そんな状況を変えたいと思い、コロナ禍で会食がなくなったことを機に平日は昼食と夕食の1日2食、週末は夕食のみの1日1食に思いきって減らしてみたところ、体調に大きな変化があったのです」(生島・以下同)

愛妻が作る夕食

しっかり食べるのは愛妻が作る夕食。メニューはロールキャベツのコンソメしょうゆ味に大豆昆布煮、甘卵焼き、太巻き、野菜たくさんのポテトサラダ、山椒塩昆布、自家製梅干し、錦松梅、五分粥

 最初に効果が表れたのは便通だった。

「不規則な生活をしていた頃は軟便が続いていたのですが、食べる回数を減らしてからは形のいい便がすっきりと出るようになった。いかに体内に無駄なものがたまっていたかが目に見えてわかりました。

 食事を摂るときに気をつけているポイントは、炭水化物を少なめにしてたんぱく質を多く摂ること。栄養バランスを考えて、プロテインをベースに、にんにくエキスや腸活サプリメントなどを入れた特製ジュースもよくのんでいます。食事の時間ではないのに強い空腹を感じるときは、おやつとしてチーズや素焼きアーモンドをつまむこともあります」

 食事を摂る時間もおおむね決まっており、午後6時くらいまでに夕食を食べ、朝はすりおろしたしょうがを入れた紅茶だけ。これを実践すれば12時間以上は固形物を入れずに過ごすことができる。

「平日は毎日早朝からラジオの生放送があるため、夜10時には布団に入るようにしていますが、その3時間前には夕食を終えるようにしてからは、明らかに睡眠の質が向上しました。すっきり目覚められるうえ、お腹の調子もいい。長年手放せなかった胃薬もやめられたし、免疫力も上がっているようで新型コロナとも無縁の生活です」

※女性セブン2022年4月28日号

夕食は盛りだくさん

フルーツ入りヨーグルト、ポテトサラダ、ミートソースパスタ、具だくさんのトマトスープなど盛りだくさん

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン