ライフ

【痛風著名人座談会】独自の対処法は「水がぶ飲み」「よく寝る」「酒」

左から作家・黒川博行氏、お笑い芸人・グレート義太夫氏、ライター・大竹聡氏

左から黒川博行氏、グレート義太夫氏、大竹聡氏

 10人に1人が悩むという“国民病”の痛風。突然手足が痛むという発作が起きるのがその特徴。発作経験のある黒川博行氏(作家・73)、グレート義太夫氏(お笑い芸人・63)、大竹聡氏(ライター・59)ら「痛風ブラザーズ」は、厄介な病気とどのように闘ってきたのか。痛風との長い付き合いの中で独自に編み出した対処法が座談会で明かされて──。【全4回の第4回。第1回から読む

 * * *
黒川:突然痛むって言うけど、痛みが来る時はわかりますよね。僕はいつも右の足首なんだけど、ザワザワッとした予兆が必ずある。「ああ、これは明日あたりに来るな」と思って、その日から水をがぶ飲みするんです。とにかく飲んで、尿を出す。おかげでこの数年は本格的な発作に至ってません。

義太夫:慣れてくると予兆がわかりますよね。それを「まだいけるか」ってギリギリまでチキンレースの大食らいをしていると、もうアウト。

大竹:不思議なんですけど、足首に「ちょっと来たな」っていう時に、お酒を飲むと大丈夫になってくるんですよ(笑)。深夜のバーで飲みながら、「あれっ、足、治ってる」みたいな時があって。酔って麻痺してるだけなんですけどね。

黒川:たしかに、痛みがすーっと消えて、倍くらいに腫れてた足首が元に戻ると、痛風が“なかったこと”になる(笑)。

大竹:それでまたぶり返すわけです。その愚かしさをどこまで自分で了解して、「俺はこういう人間なんだ。しょうがない」と思うかどうか。でも、開き直っても、痛すぎて開き直り切れないところにまでいっちゃうから、痛風って怖い。

義太夫:昔、僕が通っていた病院で、食生活を厳しく制限したら、鯛焼きを持って屋上に立てこもった患者さんがいて。それから月1とか週1で好きなものを食べていいというふうにしたそうです。自分で食生活をコントロールすると、ある程度好きな物を食べられて、予兆で済むっていうのはありますね。

黒川:僕は食べる物を考えるようになりました。プリン体どうこうじゃなくて、肥満しない。甘いものは大量に食べないとか。あとは、野菜ファーストね。

大竹:野菜を先に食べる。

黒川:そうそう。睡眠時間をちゃんととって、寝不足を避ける。ある意味、痛風が身体のことを考えるひとつのきっかけになった。お酒ばかり飲んで喉がカラカラに渇くのも良くないらしいよ。

大竹:マジですか? これまで酒の間に水を飲むヤツを見て「お前、バカ野郎」って思ってました。

義太夫:痛風ブラザーズは今後、「ながら水飲み」が必須ですね!

(了。第1回から読む

【プロフィール】
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/作家。1949年生まれ、愛媛県出身。京都市立芸術大学卒業後、大阪府立高校の美術教師を経て、1983年『二度のお別れ』で作家デビュー。2014年「疫病神」シリーズの『破門』(KADOKAWA)で直木賞受賞。著書多数。

グレート義太夫(グレート・ぎだゆう)/お笑い芸人。1958年生まれ、東京都出身。大学中退後アマチュアでのミュージシャン活動を経て、ビートたけし率いる芸人グループ『たけし軍団』に加入。身体を張った芸風で「たけし軍団の弁慶」と称される。

大竹聡(おおたけ・さとし)/ライター。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターに。2002年にミニコミ誌『酒とつまみ』を創刊。『酒呑まれ』『酔っぱらいに贈る言葉』(ともにちくま文庫)など、著書多数。

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト