国内

参院選出馬の生稲晃子氏 自民党が期待する「元おニャン子メンバー」の応援はあるか

参院選出馬発表で注目を集めた生稲晃子氏(時事通信フォト)

参院選出馬発表で注目を集めた生稲晃子氏(時事通信フォト)

 選挙戦を盛り上げる「選挙の華」といえば知名度が高いタレント候補だろう。その1人が自民党から大激戦の東京選挙区に出馬する元「おニャン子クラブ」の生稲晃子氏(53)だ。

「病気と仕事、子育てを両立してきた自分の経験を、政策とか法律、予算というものに反映させていくことができたら世の中のお役に立てるのではないかと思いまして、出馬を決意致しました」

 出馬表明会見でそう抱負を語った生稲氏は、結婚、出産を経て2015年にがんを公表。2016年に安倍政権の「働き方改革実現会議」の有識者委員を務めたことが政界進出のきっかけとなる。

「生稲さんは、候補者としてはドラフト1位指名というわけではなかったのですが……」と、自民党東京都連関係者が出馬の舞台裏を明かす。

「世耕弘成・参院幹事長は知名度の高いタレント候補に次々声をかけていったが、ことごとく断わられたそうです。そうして7人目にオファーしたのが生稲さんで、ご快諾いただいて世耕さんもほっとした様子でした」

 党が期待しているのは、抜群の人気・知名度を誇る元おニャン子メンバーの応援だという。

「生稲さんは出馬会見で、元おニャン子の立見里歌さんから『とにかく自信を持ってね。大丈夫だから。あっこにはいろんな経験があるから』と長文の激励メールをもらったことを明かしました。もし元おニャン子メンバーたちが応援演説に来てくれたら話題性抜群だと、党は期待しています」(同前)

 今回の東京選挙区(定数6)は女の戦い。生稲氏をはじめ、立憲民主の蓮舫氏、公明党の竹谷とし子氏に、都民ファーストの会代表の荒木千陽氏、維新の海老沢由紀氏と女性の有力候補が5人の大激戦が予想される。

 自民党選対幹部がこう期待する。

「生稲氏は引退する安倍派ベテラン議員の後継者で最大派閥の全面的バックアップもある。当選は堅いが、できれば蓮舫氏の得票を上回ってほしい」

 女の有力候補の戦いに勝ち抜いて期待に応えられるか。

※週刊ポスト2022年4月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト