芸能

おぼん・こぼん、春風亭一之輔らの新刊“オビ文”に惹かれる高田文夫氏

高田文夫氏が惹かれた“オビ文”は?

高田文夫氏が惹かれた“オビ文”は?

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、オビの文言に着目し、芸人本や映画・音楽本についてつづる。

 * * *
 大好評、私の新刊本情報。今週購入したり頂戴したり、読んだり読まなかったりしている机上の本特集。書店ではついついオビにつられて買ってしまうなんてこともあります。今回はオビで競い合います。

『東京漫才』(おぼん・こぼん/飛鳥新社)。オビに曰く「『水曜日のダウンタウン』で大反響!! おじさん2人の喧嘩が終われば世界が平和になります ナイツ塙」。70を過ぎた旬の男たちの話なので喰いつきやすい。なつかしいお笑いシーンも。

『いちのすけのまくら』(春風亭一之輔/朝日文庫)。オビに「朝日文庫史上最年少!? 一之輔・長男(高校生)による特別解説つき」。高校生の息子がみごとな父親解説。毒ありユーモアあり、少し尊敬もあり、我が日芸落研後輩の息子としては上出来。

『雌伏三十年』(マキタスポーツ/文藝春秋)「異能の人、自伝的初小説 『辛抱』とは辛さを抱きしめることだ。マキタスポーツは才能と辛抱が長く同居していて実に文学的だ。水道橋博士」。若き日のマキタを見て私はひと言「お前は才能が渋滞している」と言ったことがある。やっと陽の目を見た。『上岡龍太郎 話芸一代 増補新版』(戸田学/青土社)。「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流、恵まれない天才、上岡龍太郎です」。この新版には上岡が語る西條凡児と桂米朝なども入ってまたまたお得感。

『関東芸人のリーダー お笑いスター131人を見てきた男』(渡辺正行/双葉社)。「渡辺正行は我々にその程度の事を思わせるぐらいの芸人だ 爆笑問題太田光」。ケチョンケチョンなのかどうなのかも分からないコメント。

 80代の方たちも元気です。

『映画の不良性感度』(内藤誠/小学館新書)。オビに曰く「86歳の『生涯映画監督』が綴る酒とジャズの薫るシネマ論」。こういう方たちが書き残しておいてくれると我々後輩芸能者としても助かる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン