渡辺正行一覧

【渡辺正行】に関するニュースを集めたページです。

明るいリーダーは健在(イラスト/佐野文二郎)
高田文夫氏が綴る「コント赤信号・渡辺リーダーの死亡説」 本人は「やめてよ」と元気な様子
 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、三宅裕司、コント赤信号リーダーの渡辺正行、ラサー…
2023.05.24 07:00
週刊ポスト
高田文夫氏が惹かれた“オビ文”は?
おぼん・こぼん、春風亭一之輔らの新刊“オビ文”に惹かれる高田文夫氏
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、オビの文言に着目し、芸人本や映画・音楽本についてつづる…
2022.04.19 19:00
週刊ポスト
“新作不倫”漫才を披露した爆笑問題
爆笑問題、久々ライブで不倫漫才 神田伯山、日エ連も登場
 芸能事務所タイタンが主催する『タイタンライブ』が行われ、爆笑問題、講談師の神田伯山、日本エレキテル連合らが登場。検温、消毒の徹底や、最前列の客にはフェイスガードを配布、客席は一席ずつ空けるなどの対…
2020.06.18 07:00
NEWSポストセブン
高田文夫氏の願い「コロナよ、東京に笑いを届けさせてくれ」
高田文夫氏の願い「コロナよ、東京に笑いを届けさせてくれ」
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、新型コロナウイルスの影響で次々と公演が中止になっている…
2020.04.07 16:00
週刊ポスト
V6井ノ原も憧れる田原俊彦、本邦初公開の大記録とは
V6井ノ原も憧れる田原俊彦、本邦初公開の大記録とは
 V6の井ノ原快彦も田原俊彦への憧れを隠せないようだ。7月21日放送のラジオ番組『V6 Next Generation』(JFM)で坂本昌行、長野博、井ノ原が事務所の大先輩になる田原俊彦について語った。井ノ原は田原のことを「…
2018.08.07 16:00
NEWSポストセブン
ヒロミ
男性の更年期障害 笑ってない、読めない、眠れないがサイン
 人間の体は加齢によって当然のごとく老化するものであり、何かしらの不調が発生してくる。しかし、体のパーツによって、不調が出てくる年代は変わってくる。 健康に関する悩みの調査によると、「視力の衰え・目…
2017.07.22 16:00
女性セブン
『ザ・ベストテン』秘話 井上陽水は法事で欠席した
『ザ・ベストテン』秘話 井上陽水は法事で欠席した
 久米宏と黒柳徹子の司会で、1978年1月にスタートした歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)。お茶の間に浸透し、驚異的な視聴率を叩き出した。 長きにわたって音楽シーンを牽引していく歌手たちが綺羅星のごとく並…
2016.06.07 16:00
女性セブン
ダチョウ肥後 上島&寺門と結成は「たまたま連絡ついたから」
ダチョウ肥後 上島&寺門と結成は「たまたま連絡ついたから」
「人生のいちばんの転機は、やっぱりダチョウ倶楽部の結成ですね。30年ぐらい前かなぁ」 とゆるーく語り出したダチョウ倶楽部のリーダー、肥後克広(49才)。その結成の仕方も実にゆるかった。「お笑い芸人を目指…
2013.01.21 07:01
女性セブン
ブレイク中のHi-Hi 同期のロンブー淳が見せた熱い友情とは
ブレイク中のHi-Hi 同期のロンブー淳が見せた熱い友情とは
 芸人生活苦節18年にして、昨年の漫才師No.1 決定戦『THE MAZAI 2011』(フジテレビ系)での4強入りを機にブレイクした笑いコンビHi-Hi(上田浩二郎・38才、岩崎一則38才)。“芸人リストラ”、月収0など数多くの困…
2012.09.23 07:00
NEWSポストセブン
山口美江さん 渡辺正行との破局に涙拭う日々を過ごした過去
山口美江さん 渡辺正行との破局に涙拭う日々を過ごした過去
 3月8日、自宅でひとり亡くなっていたところを発見された山口美江さん(享年51)。1987年に『CNNヘッドライン』(テレビ朝日系)でキャスターデビューした後、元祖「バイリンギャル」として人気を博し、フジッコの…
2012.03.15 16:00
女性セブン

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン