芸能

野々村友紀子の「家事リスト」の偉大さ 夫・2丁拳銃川谷修士が語る「意識改革」

お笑いコンビ・2丁拳銃の川谷修士も率先して家事を行う

お笑いコンビ・2丁拳銃の川谷修士も率先して家事を行う

「男は仕事、女は家事」という考えは、すっかり非常識になった。家事、育児はもちろん、仕事で稼ぐことも女性に求められる一方で、「いい夫」の条件も変化。家庭ででいかに活躍できるかが、いい夫の条件になっているのだ。では、そんな「いい夫」になるためには、何をすればいいのだろうか。

 2014年に結婚し、3人の子供の父親でもあるタレントのユージ(34才)は、習い事の送迎やお風呂といった育児を中心に、ゴミ出しや食器洗いなどの家事もよく行うという。家事が好きなわけではないが、「うちの妻は家事を任せるのがうまいんです」と話す。

「ぼくはあまのじゃくだから、『これをやって』と言われると、やる気がなくなってしまう。妻はそれをわかっているので、『トイレを掃除すると、お金が入ってくるらしいよ』とか、『玄関に靴を出しっぱなしにすると、金運が下がるらしいよ』と言ってくる。ぼくはそういう話に弱いので、『じゃあ、やろうかな』とスイッチが入ります(笑い)」(ユージ・以下同)

 家事ができない夫には「やりがい」を見つけてもらうことが重要だとアドバイスする。

「男って、1つのことを任されると徹底的に仕上げたくなるものなんです。ぼくもそうですが、あれやこれやと頼まれると、どれもうまくいきません。『蛇口をきれいに磨いてほしい』など、夫が得意そうなことを1つだけ頼んでみると、驚くほどピカピカに磨いてくれたりします。

 最初のうちは、夫婦で家事の量がフェアじゃないと不満に思うかもしれませんが、『1つでも仕事が減った』とポジティブに捉えてほしい。1つのことを徹底的にやりきった夫は、家事に対する抵抗が低くなっているので、ほかの家事を任せてもやってくれるはずです」

 お笑いコンビ・2丁拳銃の川谷修士(47才)は、放送作家の妻・野々村友紀子さん(47才)の著書『夫が知らない家事リスト』(双葉社)にも記された「川谷家の家事」の内容に度肝を抜かれたと明かす。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト