芸能

木村拓哉が度胸を買った!満島ひかりが打ち上げで披露した「キレキレダンス」

木村拓哉に絶賛された満島ひかり

木村拓哉に絶賛された満島ひかり

「“いまのこれ、ライブじゃねぇな。もうバリバリお芝居だな”って思った瞬間に、満島ひかりちゃんが俺のことをチラッと見てくれて。そのときに同じフィーリングだったんですよ」

 木村拓哉(49才)は自身のラジオで、ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)で共演する満島ひかり(36才)のことをそう絶賛した。ドラマ関係者が明かす。

「スポ根ものだけに結構熱くなるシーンが多くて、木村さんがアドリブでセリフを放つこともあるんです。そんなときに、満島さんが即座に反応して言葉を返す。そこに木村さんは手応えを感じているようです。リアルさが際立っている要因には、2人の掛け合いがあります」

 4月14日にスタートした同ドラマは、生きる希望を失った木村演じる元プロボクサーの主人公が、高校ボクシング部のコーチを引き受け、生徒と真剣に向き合いながら自身も再生していく青春群像劇。満島が演じるのは、素人にもかかわらずボクシング部の顧問を押しつけられた教師だ。

 息の合った2人の演技に、生徒役のKing & Prince・高橋海人(23才)ら若手出演者も刺激を受け、木村に演技のアドバイスを乞う光景もあるという。現場ではフィーリングがバッチリの木村と満島だが、ドラマで共演するのは2010年の『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)以来12年ぶり。加えて言えば、前回の共演時は、主演の木村に対して、満島は篠原涼子(48才)演じるヒロインの部下役。密接にかかわる役柄同士ではなかった。

「ただ、当時から木村さんは満島さんに一目置いていたようです。ドラマの打ち上げの際、2次会がカラオケ店で行われたんですが、主題歌を歌った久保田利伸さん(59才)がサプライズで登場したんです。そのとき、満島さんが歌に合わせてダンスを披露したそうです。

 もともとダンス&ボーカルグループにいた満島さんのキレキレパフォーマンスに会場は大盛り上がりで、久保田さんも目をむいていました。そういう場で臆することなく踊った満島さんの度胸を、木村さんは買っていたようです」(芸能関係者)

 その後、満島は映画『悪人』(2010年)やドラマ『Woman』(日本テレビ系、2013年)、『トットてれび』(NHK、2016年)、映画『海辺の生と死』(2017年)などに出演し、実力派俳優の評価を高めた。

「度胸に加えて演技力もめざましく磨いた満島さんと、“再び共演したい”と木村さんは思っていたようです」(前出・ドラマ関係者)

 一方の満島にとっても、木村との共演は待ち望んでいたものだった。冒頭のラジオにゲスト出演した満島は「木村さんと一緒の現場って、ファンタジー」と語っていた。

「特にクランクイン直後は、木村さんの熱気にアテられて、大変だったようです。アドレナリンが出て興奮が冷めなかったようで、撮影が終わった後、友人を誘って深夜の公園を散歩したりしたそうです。それ以外にも、ジムに行ってサーキットトレーニングをしてみたり、人としゃべったり、とにかく体を動かさないと、気が収まらなかったみたいです」(前出・ドラマ関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン