芸能

木村拓哉が度胸を買った!満島ひかりが打ち上げで披露した「キレキレダンス」

木村拓哉に絶賛された満島ひかり

木村拓哉に絶賛された満島ひかり

「“いまのこれ、ライブじゃねぇな。もうバリバリお芝居だな”って思った瞬間に、満島ひかりちゃんが俺のことをチラッと見てくれて。そのときに同じフィーリングだったんですよ」

 木村拓哉(49才)は自身のラジオで、ドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)で共演する満島ひかり(36才)のことをそう絶賛した。ドラマ関係者が明かす。

「スポ根ものだけに結構熱くなるシーンが多くて、木村さんがアドリブでセリフを放つこともあるんです。そんなときに、満島さんが即座に反応して言葉を返す。そこに木村さんは手応えを感じているようです。リアルさが際立っている要因には、2人の掛け合いがあります」

 4月14日にスタートした同ドラマは、生きる希望を失った木村演じる元プロボクサーの主人公が、高校ボクシング部のコーチを引き受け、生徒と真剣に向き合いながら自身も再生していく青春群像劇。満島が演じるのは、素人にもかかわらずボクシング部の顧問を押しつけられた教師だ。

 息の合った2人の演技に、生徒役のKing & Prince・高橋海人(23才)ら若手出演者も刺激を受け、木村に演技のアドバイスを乞う光景もあるという。現場ではフィーリングがバッチリの木村と満島だが、ドラマで共演するのは2010年の『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)以来12年ぶり。加えて言えば、前回の共演時は、主演の木村に対して、満島は篠原涼子(48才)演じるヒロインの部下役。密接にかかわる役柄同士ではなかった。

「ただ、当時から木村さんは満島さんに一目置いていたようです。ドラマの打ち上げの際、2次会がカラオケ店で行われたんですが、主題歌を歌った久保田利伸さん(59才)がサプライズで登場したんです。そのとき、満島さんが歌に合わせてダンスを披露したそうです。

 もともとダンス&ボーカルグループにいた満島さんのキレキレパフォーマンスに会場は大盛り上がりで、久保田さんも目をむいていました。そういう場で臆することなく踊った満島さんの度胸を、木村さんは買っていたようです」(芸能関係者)

 その後、満島は映画『悪人』(2010年)やドラマ『Woman』(日本テレビ系、2013年)、『トットてれび』(NHK、2016年)、映画『海辺の生と死』(2017年)などに出演し、実力派俳優の評価を高めた。

「度胸に加えて演技力もめざましく磨いた満島さんと、“再び共演したい”と木村さんは思っていたようです」(前出・ドラマ関係者)

 一方の満島にとっても、木村との共演は待ち望んでいたものだった。冒頭のラジオにゲスト出演した満島は「木村さんと一緒の現場って、ファンタジー」と語っていた。

「特にクランクイン直後は、木村さんの熱気にアテられて、大変だったようです。アドレナリンが出て興奮が冷めなかったようで、撮影が終わった後、友人を誘って深夜の公園を散歩したりしたそうです。それ以外にも、ジムに行ってサーキットトレーニングをしてみたり、人としゃべったり、とにかく体を動かさないと、気が収まらなかったみたいです」(前出・ドラマ関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン