スポーツ

蛯名正義氏が語る娯楽としての競馬 「自分の流儀があるともっと楽しくなる」

2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした蛯名正義氏

2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした。蛯名氏の週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、ギャンブルという視点から競馬について感じていることについてお届けする。

 * * *
 この季節、毎週のようにGIレースが行なわれていますが、残念ながら蛯名正義厩舎からの出走馬はありません。だから具体的にあれこれ言うことはできないけれど、今回は「ギャンブル」という視点から僕たちが感じていることをお話しします。

 この連載を読んでいただいている競馬ファンの中には私がジョッキーになる前から馬券を買っているという方もいるでしょう。そういうベテランのファンは競馬を「趣味」と割り切っていらっしゃると思います。競馬の何が楽しいかと訊かれて、「お金が儲かること」と答える人は少ないと思います。いや、儲からないという意味ではなく(笑)、娯楽としての楽しみ方をご存じなのではないかと思うのです。

 たとえば、この馬のお父さんでよく儲けさせてもらったとか、この馬のお母さんが現役の頃、自分はまだまだ新入社員で怒られながら仕事をしていたけど、そのひたむきな走りに励まされたとか、ダービーの日に子供が生まれたとか……。自分の人生とリンクさせて競馬を楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ああ、バブルガムフェローの天皇賞(秋)、馬券とって彼女にプレゼントしたんだよ、とか(笑)。そういう話は、僕らが聞いていても楽しいものです。

 競馬は各自がどう予想しようと自由。人の言うままに買うのではなく、自分なりの予想流儀があるともっと楽しいですよね。今はコロナ禍でなかなか叶わないかもしれませんが、競馬好きの仲間と帰りに一杯飲みながら競馬談義をするのは楽しいはずです。大穴を当てたら大いばりで自分の予想法を披露すればいい。もっと気持ちよく酔うことができます。

 自分の予想と結果が違ったら? そういうときは、仲間内の席に限りますけれどジョッキーや調教師のせいにしていい。「俺の言っている通りに乗っていたら勝っていた」でいい。「なんでハナを切らないのか」「あそこでウチに突っ込んだら前が詰まるでしょう!」……それは馬券を買って競馬に参加しているファンの特権です。そのうちに「こうしときゃよかった」「点数多くなると思ったからやめたんだよ~」というような自己批判になる。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン