芸能

プライベートでも粗野で粗暴だった 俳優集団「ピラニア軍団」の武勇伝

深作欣二監督のお眼鏡にもかなった「ピラニア軍団」とは?

「ピラニア軍団」は深作欣二監督のお眼鏡にもかなった

 歴史ある日本映画史において、彼らほど脚光を浴びた「脇役」たちはいないだろう。川谷拓三(享年54)、室田日出男(享年64)、志賀勝(享年78)、岩尾正隆(79)、野口貴史(享年81)、小林稔侍(81)らが名を連ねる俳優集団「ピラニア軍団」。車両に引きずられ、火だるまでプールに飛び込むことも厭わない。そんな彼らの語り継がれる武勇伝とは──。(文中敬称略)【全4回の第3回。第1回から読む

本物ヤクザとケンカ

 スクリーンの外でも彼らは、どう猛なピラニアそのものだった。東映の元女優で、ピラニア軍団と親しく「女ピラニア」と呼ばれていた橘麻紀(71)が語る。

「メンバーはいつも手土産も持たず中島貞夫監督の家に上がり込み、お金も払わず勝手に飲み食いしていて、中島監督の奥さんが家の外にピラニア軍団用の冷蔵庫を準備しているほどでした。夜の街で飲んでいる時、店に可愛い女の子がいたら『マキ、あの子に一緒に飲もうと声をかけてきて』とナンパの手伝いをさせられたこともあります。彼らは普段、荒っぽい関西弁で喋るのに、女の子が来ると急に関東弁になってカッコつけていた(笑)」

 酒の席での武勇伝には事欠かない。俳優の成瀬正孝(72、当時の芸名は成瀬正)が語る。

「当時はみんなヤクザ役ばかりで撮影が終わっても任侠気分が抜けず、酔っぱらうと攻撃的になってメンバー同士やほかの客とケンカすることがしょっちゅうだった。特に川谷さんは怒るとヤクザのような鋭い目になって、本物のヤクザを相手に平気でケンカをしていました」

 元メンバーで俳優の井上茂(78)もこう語る。

「みんな凶暴なヤクザの役ばかりだったけど、プライベートもそれほど変わらなかったですね。特に岩尾正隆さんが酔っぱらうと手が付けられなかった。岩尾さんがスナックで暴れて店をめちゃくちゃにするので、僕らは入り口にバリケードを作って他の客が入れないようにしていました。弁償金を払ったことは一度や二度じゃありません(笑)」

 メンバーの高月忠(78)が東京で開いた結婚式にピラニア軍団がこぞって出席した際には、こんな事件が起きた。元メンバーの志茂山高也(77)が振り返る。

「僕が結婚式で酒をガブガブ飲んでいるうちに酔っぱらってしまい、東京のある俳優と揉めて殴り合いになったんです。周りから『もう帰れ!』と追い出されて行くあてもなく途方に暮れていたら、小林稔侍さんが自分の東京のアパートに泊めてくれた。翌朝、血だらけのワイシャツを着たまま新幹線で京都に戻りました」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン