芸能

尾崎豊、没後30年 加藤登紀子が回顧「誰もが抱える孤独に寄り添っている」

死の前年の1991年5月20日、3年ぶりのライブツアーが横浜アリーナでスタート。同年12月、母が急逝し、尾崎は精神的に追いつめられていく。女優・斉藤由貴との不倫が発覚したのもこの年だった

死の前年の1991年5月20日、3年ぶりのライブツアーが横浜アリーナでスタート。同年12月、母が急逝し、尾崎は精神的に追いつめられていく。女優・斉藤由貴との不倫が発覚したのもこの年だった

 日本のロックシーンを代表するシンガーソングライター尾崎豊が26才の若さでこの世を去ったのは1992年4月25日のこと。それから30年経ってもなお、尾崎の作品は広く愛されている。名曲『I LOVE YOU』をカバーしたシンガーソングライター・加藤登紀子(78才)が尾崎を回顧する。

7mの高さから落下。衝撃の出会い

「私が初めて尾崎さんにお会いしたのは、1984年8月4日に日比谷野外音楽堂で開催された『アトミックカフェ・ミュージック・フェス’84』というコンサートでした」(加藤・以下同) 

 このときの尾崎は、デビューしてわずか9か月。青山学院高等部を自主退学し、音楽活動に集中しようというときだった。一方、加藤は41才。『知床旅情』などのヒット作を持つ人気歌手として忙しい日々を送っていた。

「当時は好景気で、都会的で洗練されたポップスが主流でした。そんな時代ですから、ストレートに生々しいメッセージをぶつけてくるアーティストがいなかったんですね。なので、尾崎さんの曲を聴いてびっくり。舞台袖まで見に行きました。

 彼の全身からは言葉が飛び出ているようで、その言葉が私の心になだれ込んでくるんです。“すごい人だな”と耳を傾けていたら、いきなり会場が騒然とし出したんです。何事かと思ったら、尾崎さんがライブ中に、7mの高さのイントレ(移動式の足場。このときは照明台だった)から飛び降りたんです。スタッフは“救急車!”と叫んでいるのに、尾崎さんは倒れながらも歌っている。ボーカルが倒れているのに、周りのバンドメンバーも曲を止めないし……。あれは衝撃的な光景でしたね」

 このライブで尾崎は左脚を骨折。事件は瞬く間に知れ渡り、“尾崎伝説”の1つとなる。そして、けがから復帰した直後の1985年3月にリリースした2枚目のアルバム『回帰線』は、オリコンで初登場1位を獲得した。

無垢な少年時代を終え苦悩していた

「尾崎さんは、無垢な少年の魂のまま、曲を作っていたんだと思います。『I LOVE YOU』『卒業』『シェリー』など、彼の代表曲はどれも、3枚目のアルバム『壊れた扉から』(1985年リリース)までに収録されています。これはつまり、10代のうちに、作り終えていたということ。

 尾崎さんのアーティストとしての出発は、大人に対するカウンターパワー(対抗する力)でした。しかし、20才になり自分が大人側に立ったときに、何を表現すべきか見えなくなってしまったんでしょう。これは非常に苦しいことだったと思います」

 それでも周囲は、彼に“10代のカリスマ”でいることを要求し続けていく。それに応えるため、その後の尾崎は苦しみもがく。

 そして、20才になったばかりの1986年、無期限活動休止を発表し、単身渡米。表舞台から姿を消した。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン